ドラフト参加レポート!『バルダーズ・ゲートの戦い』は楽しいセットか?

いってつ

いざバルダーズ・ゲート!

メディアチームのいってつです。

いよいよ『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』のプレリリースが開始!その初日6月10日のプレリリースイベント「統率者ドラフト」に参加してきました。

今回は実際に僕がくみ上げたデッキもご紹介しながらイベントをリポートします!

ドラフトの模様

6月10日、15時05分。参加者13人!

プレリリースキットが配布され、ドラフトが始まります!

画像のタイトル

「リミテッドは遊び慣れているけれど統率者戦は初めて」というプレイヤーがいる一方、逆に「統率者戦はよく遊ぶけれどリミテッドは不慣れ」というプレイヤーもいました。

みんなカードのテキストを1枚1枚丁寧に読み込んでいきます。なにせみんな初めて目にするカードですからね!

いってつのドラフト

ゴライオンの養子、アブデル・エイドリアンブラーフェイワイルドの訪問者

僕はというと1パック目に《ゴライオンの養子、アブデル・エイドリアン》を発見。同じパックにブリンク呪文《ブラー》もありました。《ゴライオンの養子、アブデル・エイドリアン》を出し入れすることでトークンを増やしながらクリーチャーの戦場に出たときの誘発型能力を繰り返し使う戦術を思いつきました。これでいってみましょう。幸い、青い背景カードがピック出来ました。

黎明運びのクレリックさまようハーパー隕石ゴーレム

『フォーゴトン・レルム探訪』からの再録、《黎明運びのクレリック》もピック。今回は統率者として背景・エンチャントが使われるので活躍の機会が多そうです!単純にドローしてアドバンテージを得る《さまようハーパー》、万能除去《隕石ゴーレム》もうれしい!

ペガサスの守護者

コモンになんともおあつらえ向きなカードを発見。インスタントタイミングでブリンクが可能!《ゴライオンの養子、アブデル・エイドリアン》をブリンクするだけでなく、除去をかわすのにも使えます。

忠実なホリファント、ルールーキャンドルキープのひらめき

《ゴライオンの養子、アブデル・エイドリアン》から出るトークンは所詮1/1。これだけでは少々厳しい。《忠実なホリファント、ルールー》なら警戒を持っているかのようにふるまい、どんどんサイズも大きくなります。

《キャンドルキープのひらめき》はフィニッシュ手段としてぴったり!1/1を一気に5/5くらいにサイズアップさせて畳みかけます。

いいかんじにピックできたのではないでしょうか。構築したデッキがこちら!

《ペガサスの守護者》ピックしすぎだろ。

同名カードも複数枚ピックできれば好きなだけデッキに入れられますがさすがにやりすぎでしょうか。

ゲーム展開

時を超えた英雄、ミンスクとブー小さきものの呼び手、カディラ

参加者数の都合で3人卓

対戦相手の統率者は《時を超えた英雄、ミンスクとブー》《小さきものの呼び手、カディラ》背景統率者いねーじゃねーか!まあ《黎明運びのクレリック》は2点回復させてくれればいいか……

さてゲームですが、まずはミンスクが動きます。《時を超えた英雄、ミンスクとブー》が着地すると、早速[+1]能力を起動。4/4トランプル速攻がなぐりかかる!さらに《解体屋、スラッカス》まで足してきて強力なクロックを並べます。

解体屋、スラッカススカノス・ドラゴンハート

「さすがにキツい!」とカディラと協力して《時を超えた英雄、ミンスクとブー》を殴り落とすことに成功。《隕石ゴーレム》でクロックも除去。

ここで《ゴライオンの養子、アブデル・エイドリアン》だ!《隕石ゴーレム》《機械仕掛けの狐》を追放してトークンを生み出します。それを《ペガサスの守護者》でブリンクさせ、ドロー、除去、トークン生成を一挙にこなします!

機械仕掛けの狐隕石ゴーレム

「これはやばいな……」そんな雰囲気が漂います。しかし《ゴライオンの養子、アブデル・エイドリアン》を除去すれば《隕石ゴーレム》が出てくる……このジレンマに対戦相手が苦しんでいる間にこちらは大量にピックした《ペガサスの守護者》でアドバンテージを稼ぎます。

画像のタイトル

トークンもりもり!

最後には《ゴライオンの養子、アブデル・エイドリアン》《フェイワイルドの訪問者》で生み出したトークンを《激励する指揮官》《キャンドルキープのひらめき》で一気に強化して殴り切りました!

激励する指揮官キャンドルキープのひらめき

バルダーズ・ゲートのドラフトは?

『統率者レジェンズ』と比べてドラフトのゲーム体験はどうでしょう?

ほかのテーブルをのぞいて見ても、統率者と強固なシナジーを見せる場面が多く、前作と比べてより構築の面白さを感じます。

死をもたらす者、サレヴォク貴族生まれ

例えば《貴族生まれ》《死をもたらす者、サレヴォク》のパワーを上げ、対戦相手のライフを攻撃することなく詰めていくコンボ。自分は宝物トークンをサクることで自分のライフを守ることができます。

混沌の造り手、ヤン・ヤンセン溜め込むオーガ

どんどんパーマネントを増やしていける《混沌の造り手、ヤン・ヤンセン》。リミテッドではイマイチかと思っていましたが、チャンプブロッカーを出しながらアーティファクトシナジーで攻めたててきました。

以前は《ゴライオンの養子、アブデル・エイドリアン》は固有色に黒を足すべきだと考えていましたが、青を加えて《深海住まいのタッサ》等を使って戦場に出たときの誘発を延々繰り返すデッキもよさそうです。う~ん、楽しそう。

明日以降も一部店舗ではイベントが実施されますし、そうでなくてもドラフト・ブースターを持ち寄って仲間内でドラフトを遊ぶのもいいでしょう。

「カードパワーが低い!」とセットに否定的な意見があるのも事実ですが、統率者ドラフトを楽しむセットとしては非常に魅力的です。リミテッドで組んだ統率者でそのまま統率者デッキを組むのもすごく楽しそうです。たまにはトップレアをひく以外の楽しみを目的にパックを剥くのもいいと思いませんか?

画像のタイトル

ところで最近は晴れる屋YouTubeチャンネルにも出演しているせいかよく声をかけていただきます。励みになります。今後ともよろしくお願いいたします。この日もありがたいことに声をかけていただきました。

「いってつさんですよね!いつも動画見てます!見てくださいよこれ!」

画像のタイトル

《エインシャント・カッパー・ドラゴン》のFoil引きました!

ちくしょー!ちくしょー!

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』は6月17日に正式リリースとなりますが、プレリリースキットやセット・ブースターは晴れる屋各店舗でお買い求めいただけます……

それではみなさん、晴れる屋のレジ――もとい、統率者戦のテーブルでお会いしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いってつ 晴れる屋メディアライターです。統率者戦は自己実現の物語。私を成長させ、時間を破壊する。最近の悩みは記事執筆と動画出演で忙しくて統率者戦が1日2回くらいしか遊べないこと。 いってつの記事はこちら