白青でゴージャーコンボ!?「無限ブリンク」ブルー・エイドリアン

いってつ

エイドリアーン!!何度でもリングに現れるブルー・エイドリアン

みなさんこんにちは、メディアチームのいってつです。

開闢機関、勝利械

デッキにクリーチャー2枚。

『神河:輝ける世界』リリース当時から《開闢機関、勝利械》を使っていたのですが、クリーチャーが少ないデッキがあまり肌に合わず、結局崩してしまいました。

ゴライオンの養子、アブデル・エイドリアン

ところが統率者ドラフトで思いがけない出会いがありました。クリーチャーやアーティファクトをブリンクしまくって戦場にトークンを並べ、アドバンテージも稼ぎ出してしまう《ゴライオンの養子、アブデル・エイドリアン》!やはり『バルダーズ・ゲートの戦い』の新顔たちは本物でした!

今回は《ゴライオンの養子、アブデル・エイドリアン》を中心にクリーチャーやアーティファクトをブリンクしてアドバンテージを稼ぎコンボを狙います!

統率者の特徴

ゴライオンの養子、アブデル・エイドリアン

《ゴライオンの養子、アブデル・エイドリアン》が戦場に出たとき、自分の土地以外のパーマネントを好きなだけ追放します。こうして追放されたパーマネント1つにつき、1/1の兵士を1体生成します。

肝心なのは、追放されたパーマネントの行方です。《エイドリアン》が戦場から離れると追放されたパーマネントが戦場に戻ってきます。

世界喰らいのドラゴン動く死体

思い浮かぶのは《世界喰らいのドラゴン》。戦場に出ると土地を含めた自分のパーマネントが全て追放され、《世界喰らいのドラゴン》が戦場を離れるとそれらのパーマネントが戦場に戻ってきます。

《動く死体》《世界喰らいのドラゴン》を墓地から吊り上げると、

《動く死体》が追放される
《世界喰らいのドラゴン》が墓地に行く
追放されていた《動く死体》が戦場に戻り、《世界喰らいのドラゴン》を吊り上げる

……といったループが成立。このとき、土地やアーティファクトも出入りするので、それに合わせてマナを生み出すことで無限マナが成立します。パーマネントの出入りに反応する誘発型能力も無限に誘発。「ゴージャーコンボ」と呼ばれる有名なコンボです。

ゴライオンの養子、アブデル・エイドリアン鉄の玉座の工作員

《エイドリアン》は白い《世界喰らいのドラゴン》であり、統率領域に置くこともできます。ゴージャーコンボと違い、途中で除去が挟まれても全てのパーマネントを失うことが無く、ローリスク。

実際、先日の第二期統率者神挑戦者決定戦ではトップ12に《エイドリアン》《鉄の玉座の工作員》が残っています!デッキリストはこちら

デッキのコンセプト

今回はゴージャーコンボではなく、ブリンクコンボを狙って見たいと思います。基本はゴージャーコンボと同じで、《エイドリアン》が戦場を出入りするのにあわせてマナアーティファクトからマナを出したり、パーマネントが出入りすることに反応する能力を駆使します

パターン1

守護フェリダー修復の天使

《守護フェリダー》など、戦場に出たときに《エイドリアン》をブリンクできるカードを《エイドリアン》の能力で追放しておきます。

儚い存在本質の変転

この状態でなんらかの方法で《エイドリアン》をブリンクさせます。

すると、戦場に《守護フェリダー》《エイドリアン》が戦場に出ます。

このとき《守護フェリダー》のブリンク能力の対象は《エイドリアン》をとります。そして、《エイドリアン》の追放能力を先に解決するようにスタックに積みます。

能力を解決していきましょう。《エイドリアン》の能力で再び《守護フェリダー》追放。そして《守護フェリダー》の能力で《エイドリアン》をブリンク……そう、最初の状態に戻りましたね。

前兆の壁神憑く相棒幻影の像

《エイドリアン》の追放能力にマナアーティファクトを絡ませれば無限マナ、戦場に出たときにドローできるカードを使えば無限ドロー、《幻影の像》などを使えば対戦相手のクリーチャーの戦場に出たときの誘発型能力も使えます。さらに、《エイドリアン》の能力で無限トークンまでついてきます。

タッサの神託者運命のきずな

大量ドローしたのち、《タッサの神託者》での特殊勝利や、《運命のきずな》での無限ターンを得て勝利します。

パターン2

変位エルドラージ

《エイドリアン》に、無色マナを含む合計3マナ以上を生み出せるアーティファクトを追放させておく。

それを《変位エルドラージ》の起動型能力でブリンク。《エイドリアン》が出し入れするマナアーティファクトからマナを捻出してまた《変位エルドラージ》の能力を起動することで無限にパーマネントの出し入れが可能になります。4マナ以上生み出せるなら無限マナ!

相性のいいカード

《エイドリアン》自身はトークンを生み出すほかにアドバンテージをとることができません。そこで、《エイドリアン》のもつ能力、「背景選択」が活きてきます。

キャンドルキープの賢者

《キャンドルキープの賢者》は統率者の出入りのたびにドローさせてくれる背景。これがあれば、統率者をブリンクすることで2枚のカードが手に入ります。固有色に青を加えることで《リスティックの研究》などのアドバンテージ源も採用できるようになります。

魂寄せ深海住まいのタッサ

終了ステップ開始時というタイミングではありますが、毎ターンクリーチャーをブリンクしてくれます。《魂寄せ》は軽量で自身のサイズが大きくなっていくのがうれしいところ。《深海住まいのタッサ》は破壊不能を持っているため除去されにくいのが魅力。

これらのカードで終了ステップ中に無限マナ無限ドローが成立したときには《運命のきずな》で追加ターンを得て勝利できます。《エイドリアン》だけでなく、ただ《神憑く相棒》をブリンクしているだけでも十分です。

いってつのイチオシ!

模倣メカ

EDHオタクカード紹介でも登場した《模倣メカ》

ただただ強いです。

波止場の恐喝者献身のドルイド

対戦相手のアドバンテージを稼げるクリーチャーに変身してみたり、《献身のドルイド》に変身して無限マナをゲットしたり。

《模倣メカ》は「搭乗」しなければクリーチャーではないため、召喚酔いの影響を受けないということをお忘れなく!!

おわりに

統率者ドラフトは、思いがけずすばらしい統率者と出会える最高のゲームです。ここで組んだ60枚のデッキに40枚のカードを足して統率者デッキを組むのもおすすめです!

ちなみに、《エイドリアン》ブリンクコンボ自体は白単でも十分成立するので、背景選択で自由に色を加えることができます。

激励する指揮官鉄の玉座の工作員人気の芸人料理長

白単ではトークンをバックアップする強力な背景カードがあります。黒には強力なサーチとゴージャーコンボ、赤には《波止場の恐喝者》や追加戦闘カード、緑はクリーチャーサーチや《出産の殻》コンボがあります!

いつかエイドリアン統率者戦もやってみたいですね!

統率者戦のテーブルでお会いしましょう!

この記事内で掲載されたカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いってつ 晴れる屋メディアライターです。統率者戦は自己実現の物語。私を成長させ、時間を破壊する。最近の悩みは記事執筆と動画出演で忙しくて統率者戦が1日2回くらいしか遊べないこと。 いってつの記事はこちら

このシリーズの過去記事

過去記事一覧へ