ネズミデッキに猫デッキ!?新セットで統率者戦を遊ぼう!

いってつ

猫とネズミ!仲良く喧嘩しな

晴れる屋メディアのいってつです。

現在、『ファイレクシア:完全なる統一』のプレビューが進行中!

今回もたくさんの魅力的な伝説のクリーチャーが登場し、ワクワクが止まりません。今回はデッキリストもまじえて2枚のあらたな統率者を紹介しましょう!

ネズミデッキの新星

統率者戦でネズミデッキといえば、そう――

執拗なネズミ執拗なネズミ執拗なネズミ

《執拗なネズミ》デッキですね。

骨齧り影の群れの灰毛

《執拗なネズミ》を大量に並べて殴り勝つシンプルな設計で、ネズミに回避能力を与える《骨齧り》が長らくその頂点に君臨していました。

最近は『ジャンプスタート2022』で登場した《影の群れの灰毛》ネズミデッキの《孔蹄のビヒモス》として注目されていました。強い!

ところがここにきてさらにネズミの統率者が登場します。

画像のタイトル

《ネズミの王、カルモニクス》

《ネズミの王、カルモニクス》はネズミに「毒性1」を与えます。 単純にライフを攻めるだけでなく、毒で倒すサブプランもとれるわけです。戦場が強固なところにはネズミの大群を送り込み、手薄なところへは毒とライフ両面で攻めていくこともできそうです。

今までの《執拗なネズミ》デッキは全体除去を受けて後続の《執拗なネズミ》を引けないと何ターンも足踏みしてしまうことがありました。「《神の怒り》で全てを失いがち」という弱点は無視できず、《ネクロポーテンス》《頭蓋骨絞め》《命取りの論争》などで手札が切れないように常に意識しなくてはいけませんでした。

しかし、《ネズミの王、カルモニクス》は戦場に出れば最大5枚の《執拗なネズミ》を手札に入れることができます。手札のネズミが尽きても、統率者が後続を連れてきてくれるのです。「出るだけで仕事が完了する」という点が何よりも魅力的です。

ファイレクシアの塔命取りの論争犠牲

むしろこちらから《ネズミの王、カルモニクス》を生け贄に捧げて唱えなおすということも十分あり得ますね。

参考のリストがこちら。まだプレビュー中で、一人回ししかできていない、まだまだ発展の余地のあるリストとなります。再録禁止カードや1万円を超える高額カードを避けて構築しました。

猫構築

みなさん、猫の統率者といえば何が思い浮かぶでしょうか。

世界の咆哮、アラーボ

アラーボ?『Seclet Lair』版がめっちゃかわいくていいですよね。

放浪の騎士、バーラン

バーラン?『ジャンプスタート2022』の日本人イラストレーター版、かわいいねえ。

ジェディット・オジャネン

猫族の戦士最強のジェディット・オジャネンは、彼の種族の森を見捨て、ロバロン傭兵隊に入隊した。
そして、エフラヴァの戦いで彼らの名声を高めるのに貢献したのだ。

僕の中では《ジェディット・オジャネン》が猫統率者の頂点です。

群れの王威厳あるカラカル

猫デッキには強力なロードが存在しており、かなり楽しいクリーチャー・タイプです。猫という動物は愛玩動物Tier1に長らく君臨し、当然統率者戦でも人気です。

そんななか登場した新たな猫統率者が《耐え忍ぶカー、ケンバ》です。

画像のタイトル

《耐え忍ぶカー、ケンバ》

猫が出るたびに装備品ひとつを装備させ、装備品がついているクリーチャーは+1/+1修正。実質猫のロードです。

剛胆な考古学者、アーデン鋼の魂、ワイレスブルーノー・バトルハンマー

装備品デッキというテーマは人気があります。「究極生命体を生み出したい!」統率者戦ならではの楽しみ方とも言えますね。

「猫」そして「装備品」。楽しいデッキになりそうですね!

こちらも再録禁止カードや1万円を超える高額カードを避けて構築しました。

巨像の鎚統率者の板金鎧

これだけでかなり楽しい

1ターン目《巨像の鎚》、2ターン目に《耐え忍ぶカー、ケンバ》!次のターンから12/12の統率者が殴り始めます!!

戦闘の神、ハルヴァール領界の剣

「猫統一デッキって言わなかった?」
「こいつは装備品なんで……」

単純に強力なクリーチャーで強固に盤面を作るだけでなく、《領界の剣》を用いた無限コンボも可能です。

領界の剣ファイレクシアの供犠台駐屯地の猫

《駐屯地の猫》を戦場に。《耐え忍ぶカー、ケンバ》の能力で《領界の剣》が装備される。

《駐屯地の猫》《ファイレクシアの供犠台》で生け贄に捧げ、白1マナを生み出す。

《駐屯地の猫》が死亡したので《領界の剣》の能力で手札に戻る。《駐屯地の猫》の能力で人間トークンを生成する。先ほどのマナで手札の《駐屯地の猫》を唱える。

これで人間トークンが出た状態で①に戻る。これを繰り返せば無限人間トークン、無限マナ。

 
先祖伝来の宝刀迫撃鞘勝者の戦旗

無限マナ成立後はクリーチャーの「唱えたとき」「戦場に出たとき」「死亡したとき」の誘発が好きなだけ使えるようになります。

猫を《ファイレクシアの供犠台》でサクり続けて、《迫撃鞘》でフィニッシュってのはなんかちょっとグロいような気もするけど……ミラディンを取り戻すためには手段を選んでいられません。

オケチラの碑守護フェリダーウルザの保育器

必要なカード枚数は少なくないものの、同様のコンボは《領界の剣》+様々な組合せで成立します。パズルのようで面白いですね!

白はアーティファクトをサーチする手段、装備品をサーチする手段が豊富なので、再現性はそこそこ。《戦闘の神、ハルヴァール》《栄光の探索》でサーチできます。猫強化デッキと見せかけて突然コンボを 成立させて度肝を抜いてやりましょう。

戦いに備えよう

ファイレクシア対ミラディン、ネズミ対ネコ。奇しくも対立する2つをセットで紹介することができました。どちらもフレーバーを感じられて楽しそうです!

晴れる屋メディアではまだまだ新セットの情報を追いかけていきますのでお楽しみに!

それではみなさん、《マイコシンスの庭》でお会いしましょう。

この記事内で掲載されたカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いってつ 晴れる屋メディアライターです。統率者戦は自己実現の物語。私を成長させ、時間を破壊する。最近の悩みは記事執筆と動画出演で忙しくて統率者戦が1日2回くらいしか遊べないこと。 いってつの記事はこちら

このシリーズの過去記事

過去記事一覧へ