Round 5: 坪内 邦谷(東京) vs. 金澤 亮(埼玉)

晴れる屋

晴れる屋

By Yuuta Okauchi



 ここまで4-0の二人。ここで勝てばほぼベスト8が確定するため、両者の間には真剣な空気が……流れるわけでもなく、和やかにシャッフルしている。

 『青単マーフォーク』の金澤に対し、『CTG』の坪内。《アトランティスの王》が島を渡るのが早いか、「独楽相殺」が決まるのが先か。はたしてベスト8一番乗りを決めるのはどちらか?



Game 1


 先手の金澤が《島》1枚に《もみ消し》2枚の初手をキープ。後手の坪内は1マリガンした6枚の初手でゲームを始める。

 まずは坪内が《師範の占い独楽》から《相殺》というスタートを切る。金澤はこれを《目くらまし》しようとするが、坪内も《目くらまし》。金澤はピッチコストで《島》を手札に戻す際に1マナを出し忘れており、この完璧なロックが2ターン目にして決まってしまう。

 金澤は《行き詰まり》をプレイしてみるも、当然のように《師範の占い独楽》が起動され、《相殺》から《相殺》がめくれて打ち消されてしまう。

 そして坪内が先にクロックとして《ロウクスの戦修道士》をプレイ。金澤もこのフルタップの隙に《銀エラの達人》を通そうとするが、坪内はこれをケアしており、きちんとトップに《相殺》を残してあった。

 こうなってしまうと『CTG』の独壇場だ。《メロウの騎兵》《目くらまし》され、、《波止場の用心棒》には《相殺》。これを金澤は《もみ消し》しようとするも、坪内は冷静に《師範の占い独楽》のドロー能力を使ってライブラリーの上に《師範の占い独楽》を戻して打ち消しつつ、《波止場の用心棒》《Force of Will》

 金澤はこの状況は打破できないと、まだライフは残っているものの投了を宣言した。


坪内 1-0 金澤



Game 2


 どうにか2本取り返さなければならない金澤がここで2マリガン。坪内も付き合うように1回マリガンするも、いきなりのアドバンテージ差が生まれてしまう。

 後手の坪内が《Tropical Island》から《思案》をプレイしてこれからのゲームプランを練るところからゲームがスタートする。2ターン目に金澤は《アトランティスの王》をプレイ。これを坪内は《Force of Will》しようとするが、金澤は《目くらまし》でこれを弾き、偉大なる海の王を場に送ることを達成する。一方の坪内は《師範の占い独楽》を着地させる。

 金澤の後続は《波止場の用心棒》。名前の通り優秀なこのバウンサーは、実はマーフォークのクリーチャータイプを得ているのである。これを対処できないと厳しい坪内は《思案》でカードを求めるが、3枚を見て顔をしかめ、ライブラリーをシャッフルすることを選択。

 1度殴られた後に坪内は《タルモゴイフ》を場に送るが、金澤は返す刀で《マーフォークの君主》。坪内はアタックに対応して《剣を鍬に》《アトランティスの王》撃つが、金澤は《Force of Will》でこれを通す。

 ターンが帰ってきて、坪内は自身のメインで《剣を鍬に》《波止場の用心棒》に撃ち、これ以上盤面が崩壊するのを止めようとする。

 だが島渡りのクロックが止まらない。さらに金澤の場には《呪い捕らえ》までもが追加される。

 坪内は《ロウクスの戦修道士》をプレイして1マナ立ててターンを返すが、《メロウの騎兵》がプレイされ、スタックで《師範の占い独楽》を起動したことで3枚目の《剣を鍬に》が無いことがばれてしまう。

 いかにレガシー最強クリーチャーといえど、島を渡る魚人の群れを止めることはできず、2体のクリーチャーのアタックで坪内のライフは0を割った。


坪内 1-1 金澤



Game 3

 先手1ターン目に《Tropical Island》から《師範の占い独楽》というなかなかのスタートを切る坪内。金澤はこの《Tropical Island》《不毛の大地》で割って、ゲームをスローダウンさせようとする。

 2ターン目の金澤は《呪い捕らえ》。この隙に坪内は《呪い捕らえ》では打ち消されない《相殺》を通す。

 さらに金澤は《銀エラの達人》を場に追加。一方の坪内は《思案》をプレイするも、またもシャッフルを選択。どうも引きが芳しくないようだ。

 そして金澤は意を決して《行き詰まり》をプレイ。これが通ってしまうと、金澤の場の《変わり谷》と合わせて大変なことになってしまうのだが……なんと《師範の占い独楽》で見た3枚の中に2マナのスペルが無く、これが通ってしまう。

 こうなるとクロックパーミッションの本領発揮だ。《剣を鍬に》《呪い捕らえ》に撃ち込む坪内だが、その代償に3枚ものカードを与えてしまう。そして《呪文貫き》がプレイされる。坪内は2マナを払うが、その代償として《大祖始の遺産》が通り、今後の坪内の《タルモゴイフ》《さまようもの》以下の存在になってしまう。

 これはたまらないと坪内《仕組まれた爆薬》をX=0で設置、さらに《ロウクスの戦修道士》をプレイ。金澤はこれを《精神支配》しようとするが、これはフェッチランドから《師範の占い独楽》起動で《相殺》されてしまう。

 なんとか《波止場の用心棒》を通したい金澤。絶対に通せない坪内。《師範の占い独楽》で見たライブラリーのトップには2マナのカードはなかったが、《Force of Will》で打ち消すことに成功する。サイズで負けてしまっている金澤は《不毛の大地》《Tropical Island》を破壊して、後続の展開を防ごうとする。

 坪内は《ロウクスの戦修道士》でアタック。返しで金澤も《変わり谷》2枚を含めたフルアタック。坪内は《仕組まれた爆薬》を起動するが……「土地でないパーマネント」なので、《変わり谷》は流れない。痛恨の勘違いから一気にライフを失ってしまう。

 防戦に回ってしまった坪内とは対照的に、金澤は《マーフォークの君主》をプレイ。坪内は《師範の占い独楽》を起動、フェッチランドを起動してさらに《師範の占い独楽》と動き、ついに《炎渦竜巻》に辿り着く。これをプレイされてしまうと盤面が壊滅してしまう金澤は《不毛の大地》《Volcanic Island》を割って赤マナを封じる。

 未だ有効牌を引けない坪内に対して金澤は《呪い捕らえ》《銀エラの達人》と連打して、前者は《相殺》されるも、《銀エラの達人》は通って、さらなるアドバンテージを金澤に与える。

 金澤のドローは止まらず、次のターンには3枚目の《銀エラの達人》をプレイ。これは坪内が《師範の占い独楽》《渦まく知識》から《タルモゴイフ》をめくって打ち消すが、金澤のフルアタックを許し、残りライフはがけっぷちの1。

 だが、《タルモゴイフ》を盤面に追加することによって、ターンエンドに《大祖始の遺産》が起動されるも、一応のブロッカーは確保する事に成功する。

 しかし、ここで金澤はトップデッキ《アトランティスの王》

 当然坪内は《師範の占い独楽》を起動するのだが……ライブラリートップの3枚は、またも坪内の願いには答えてはくれないのだった。


坪内 1-2 金澤

金澤 亮 Win!