Round 7: 石井 泰介(神奈川) vs. 津田 友語(埼玉)

晴れる屋

晴れる屋

By Daisuke Kawasaki




 昨年の、グランプリ北九州を制覇し、多くの社会人プレイヤーに感動を与えた「マンモスさん」こと石井 泰介が、今度はレガシー界へと「上陸」してきた。

 使用するデックは、赤タッチ黒緑のゴブリン。

石井 「これしか組めるカードなかったから」

 とはいうものの、やはり、長年のマジックキャリアの中には、オンスロート期のゴブリンや、エクステンデッドのゴブバンテージもそのキャリアの中にあるわけで、その経験を活かして、ここまで1敗の成績で勝ち進み、あと1勝でトップ8入賞を決める所までコマを進めた。

 石井の最終戦で戦う相手は、レガシー界の本丸というべき、津田 友語(埼玉)。

 使用デックは、Zoo。

 もっともプレイヤーの経験と腕が出ると言われるビートダウン対決、果たして、石井が北九州の勢いのままに、トップ8に入賞するのか、それとも、津田がレガシーの壁の厚さを思い知らせるのか。



Game 1


 先手津田が、1ターン目の《密林の猿人》から、2ターン目《タルモゴイフ》というクロックの高いスタートを決めるが、石井も、1ターン目に《不毛の大地》セットからの《霊気の薬瓶》キャストという拘束展開が期待される動き。

 ここで、石井は自身の2ターン目に、《霊気の薬瓶》にカウンターを載せると、小考の後に、《不毛の大地》で津田の《Taiga》を破壊する。

 これで土地が《平地》のみとなってしまい、マナが出なくなってしまった津田は、アクションなくターンを帰す。津田のターンエンドに石井は《霊気の薬瓶》を起動し、《ゴブリンの従僕》を戦場に送り込む。

 そして、ここで石井がセットした土地が《リシャーダの港》。これで完全にマナを縛られてしまった津田。

 石井は《霊気の薬瓶》にカウンターを乗せ続け、ついにはカウンターが3つに。これでインスタントタイミングでの《ゴブリンの戦長》登場の可能性ができてしまったため、前のターンに石井が《霊気の薬瓶》から送り出してきた《ゴブリンの群衆追い》をブロック出来ない。

 だが、ここでやっと津田は土地をひく。この土地からのマナで《Chain Lightning》《ゴブリンの従僕》にキャストした津田。一気に盤面が優位になり、《ゴブリンの従僕》を恐れることなく、クロックを刻む。

 対する石井は、《霊気の薬瓶》のカウンターを4までのばし、《ゴブリンの女看守》《ゴブリンの首謀者》をサーチし、《霊気の薬瓶》から呼び出す。

 ここでめくられたゴブリンが手札に入り、石井に圧倒的に優位な場を提供してくれる…ハズだったのだが、なんとめくられたカードはすべて土地。ここでキャストされた2/2速攻は、残る《ゴブリンの群衆追い》《ゴブリンの女看守》とあわせて津田の攻撃をブロックすることとなる。

 だが、津田は《密林の猿人》を2体ブロックした《ゴブリンの群衆追い》《ゴブリンの首謀者》《稲妻》をあわせ、これによって石井は一方的に損をした形になってしまう。津田は、《野生のナカティル》を追加する。

 石井は、《霊気の薬瓶》のカウンターを5に。ゴブリンで5といえば、あのクリーチャーしかいない。とはいえ、ブラフの可能性も考えれば、津田も攻撃しないわけにいかないので、3体をレッドゾーンに送り込む。ここで石井は《包囲攻撃の司令官》《霊気の薬瓶》から。

 ここでのブロックと、能力仕様で、津田の盤面を《タルモゴイフ》だけとするのだが、今度は、2体目の《タルモゴイフ》が追加、さらに、《聖遺の騎士》《密林の猿人》と追加されてしまったら、石井はとりあえずサイドボーディングをはじめるしかなかった。


石井 0-1 津田



Game 2

 後手の津田がダブルマリガンするスタート。対する石井は、1ターン目から《霊気の薬瓶》をキャスト。そして、2ターン目には《モグの戦争司令官》をキャストする。

 津田は、石井のターンエンドにフェッチから《森》を持ってくると、続いて《Plateau》から《クァーサルの群れ魔道士》をキャストする。石井は、《霊気の薬瓶》にカウンターを追加して、《モグの戦争司令官》のエコーコストを支払う。そして、ターンエンド。

 ここでカウンター2の《霊気の薬瓶》、そして《ゴブリンの群衆追い》を手札に構えていた石井に突き刺さったのが、津田の《クローサの掌握》。これによって、テンポを失うこととなった石井。続いて《ゴブリンの女看守》《ゴブリンの首謀者》をサーチしてくるものの、津田は続いて《聖遺の騎士》をキャストして、《不毛の大地》で石井の土地を破壊してくる。

 賛美した《クァーサルの群れ魔道士》のアタックこそ、3体の1/1でブロックし、トークン一体を戦場に残す形を取った石井だが、4マナ目をひいてくることが出来ない。《ゴブリンの群衆追い》、そして《霊気の薬瓶》とつなぐのだが、津田も《密林の猿人》を戦場に追加しつつ、石井の《ゴブリンの群衆追い》へと《稲妻》

 そして、津田の《聖遺の騎士》が、その能力で追加の《不毛の大地》をサーチしてくる。これで、石井は、地力で4マナや5マナにたどり着くのが相当に困難な状況。《貴族の教主》が追加され、賛美を受けた《密林の猿人》がクロックを刻む。

 チャンプブロック用に石井がキープしていた1/1トークンが《Chain Lightning》で除去されると、《聖遺の騎士》が賛美を受けて、8点のダメージを与える。

 これで5点のライフとなった石井は、自身のマナでは回答を用意できないと判断し、「完敗だ……」と土地を片付けた。


石井 0-2 津田