Round 5: 渡辺 雄也(神奈川) vs. 近藤 恵一(愛知)

晴れる屋

晴れる屋

By Daisuke Kawasaki


 2009年のPlayer of the Yearである渡辺 雄也(神奈川)が、エターナルフェスティバル東京で使用しているデッキは齋藤 友晴(東京)がグランプリ・コロンバスで優勝した黒をタッチしたマーフォークである。

 渡辺と齋藤の関係といえば、2009年のグランプリ・神戸の決勝が名勝負として筆者の記憶に残っている。

 さて、そのグランプリ・神戸で同じくトップ8に入賞していた近藤 恵一(愛知)と渡辺がこのラウンドでマッチアップされたので、1年半ぶりのリベンジマッチをお届けしよう。

 近藤が使用するのは多色ビートダウンの代名詞Zoo。

 ビートダウンとクロックパーミのマッチアップは、ビートダウン有利と相場が決まっているが、果たして、渡辺は相性差を覆して見事勝利できるのか。それとも近藤のリベンジ達成なるか。



Game 1

 先手の渡辺は1ターン目に《Underground Sea》のセットから《霊気の薬瓶》をキャストと非常に好調な滑り出し。だが、対する近藤も1ターン目に《渋面の溶岩使い》をキャストする。小型のクリーチャーが多いマーフォークにとってこれはあまりうれしくないカードだ。

 渡辺は小考の末に《不毛の大地》で近藤の土地を割る。一方の近藤は《怒り狂う山峡》をセットしてターン終了。

 ここで渡辺はアップキープに《霊気の薬瓶》の上にカウンターを載せ忘れてしまい、展開が遅れてしまう。手札から《銀エラの達人》をプレイするのみでターンを返す。一方の近藤は満を持してここで《野生のナカティル》召喚。まだ2/2ではあるものの、盤面の優位を築く。

 《行き詰まり》をトップし長考の末にこれをプレイする渡辺。これに対応して近藤は《流刑への道》を自分の《野生のナカティル》へとプレイし、《山》をサーチする。

 渡辺は《銀エラの達人》で攻撃してターン終了。近藤は《行き詰まり》をものとせず、《ガドック・ティーグ》を召喚する。渡辺は3枚カードを引いた上で、《ガドック・ティーグ》を通す。

 ターンエンドに《霊気の薬瓶》から呼び出された《珊瑚兜の司令官》《渋面の溶岩使い》で除去されてしまうものの、次のターンにはやっと《霊気の薬瓶》のカウンターが3になり《メロウの騎兵》が召喚される。

 続いて召喚された《呪い捕らえ》《メロウの騎兵》の能力によって《ガドック・ティーグ》をタップし、《変わり谷》《銀エラの達人》がアタックする。

 そして、近藤の《タルモゴイフ》が2枚の《目くらまし》でカウンターされると、《アトランティスの王》も追加されて4体のクリーチャーがアタックする。《メロウの騎兵》《ガドック・ティーグ》《渋面の溶岩使い》でダブルブロックした近藤だが、残りライフは2になってしまう。

 この盤面を打開できるカードは無く、近藤はゲーム終了を宣言した。


渡辺 1-0 近藤



Game 2

 先手の近藤が《Taiga》から《密林の猿人》をプレイしたのに対して、渡辺も《霊気の薬瓶》キャストからスタートという好調な展開。
 近藤は《密林の猿人》で攻撃しつつ、《梅澤の十手》をプレイ。渡辺はこれをカウンターすることが出来ず、いきなり盤面が膠着してしまう。《不毛の大地》《Taiga》を破壊するものの、《森》をセットし、《密林の猿人》のサイズを保つ近藤。

 渡辺は2個めのカウンターを載せた《霊気の薬瓶》から《珊瑚兜の司令官》を戦場に出し、即レベル2に。3/3となった《珊瑚兜の司令官》《梅澤の十手》では破壊されにくくなる。

 だが、近藤は《密林の猿人》で攻撃すると、《ガドック・ティーグ》を召喚。さらに《稲妻》《珊瑚兜の司令官》を除去する。渡辺は《銀エラの達人》を召喚してターン終了。

 近藤は《密林の猿人》で攻撃し、《梅澤の十手》の上のカウンターの数を6にすると、そのうちのひとつを使用して《銀エラの達人》を除去する。

 続くターンに召喚した《アトランティスの王》が、《稲妻のらせん》によって除去されると、渡辺は《梅澤の十手》の能力によって自分のライフがもう足りないことを把握した。


渡辺 1-1 近藤



Game 3

 三度1ターン目に《霊気の薬瓶》というスタートの渡辺。たいする近藤も《野生のナカティル》から《ガドック・ティーグ》という展開。

 だが、これが《非業の死》で除去されてしまう。

 しかし、渡辺も効果の高いカードを使用していない。

 一方の近藤は《タルモゴイフ》を召喚し、さらに《運命の大立者》のを召喚する。待ってましたとばかりに《運命の大立者》の種族である騎士を指定する渡辺。《タルモゴイフ》のサイズに対してマーフォークの展開力で対抗する。

 《聖遺の騎士》を召喚し、なんとか盤面を保とうとする近藤だったが、《霊気の薬瓶》の助けも借りて渡辺のマーフォーク軍勢は大きくふくれあがっている。

 最終的に、《水没》がブロッカーをどかし、近藤のライフは削りきられてしまったのだった。


渡辺 2-1 近藤