Round 8: 宇田川 恒(埼玉) vs. 青木 力(東京)

晴れる屋

晴れる屋

By Daisuke Kawasaki


 スイスラウンド最終戦。ここでID出来ればトップ8に入れる青木 力(立川ファミコン君2号店)だったが、現時点での順位が9位であり、IDでは抜けられない宇田川 恒(埼玉)とマッチングされてしまったため、対戦しなければならないこととなってしまう。

 宇田川の使用するデックは、New Horizonを調整しているうちに《もみ消し》などが抜けていったいわゆるバントアグロ。一方の青木のデックは環境を代表するコンボデックのひとつ、ANTだ。



Game 1

 先手の青木は、1ターン目に《汚染された三角州》から《島》をフェッチし、《思案》をキャストする。そして、手札の内容を見て長考。

 ここでの青木の手札は《モックス・ダイアモンド》《暗黒の儀式》《冥府の教示者》《ライオンの瞳のダイアモンド》《沈黙》《汚染された三角州》というもの。そう、1ターンキルを狙えるか否かをかんがえているのだ。結果、青木はターンを返す。

 対する宇田川も、1ターン目のアクションは《思案》。そして、ターンエンド。ここでアンタップしてマナの増えた青木が再び長考する。


 まず、《汚染された三角州》をフェッチで起動して《Scrubland》をサーチ。そして《沈黙》をキャスト。これに対して、宇田川が何もアクションをしなかったことで青木は宇田川が何もカウンターを持っていないと判断し、ターンを終了する。

 宇田川は、《不毛の大地》《Scrubland》を破壊、そして《思案》をキャストする。ここで《Force of Will》を手に入れる。一方の青木は、ここで何もせずにターンを終了。

 互いに動けないドローゴーの展開になるかと思われたが、ここで宇田川がクロックとして《タルモゴイフ》を召喚。さらに、続くターンには《聖遺の騎士》を追加する。

 追加の土地を手に入れることの出来ない青木は、ディスカードしてターンを終了。一方、宇田川は戦場にさらに《精神を刻む者、ジェイス》を戦場に送り込もうと考えるが、そうすると《Force of Will》の種となる青いカードが足らなくなってしまうので、小考の末にパス。そして、0マナの《仕組まれた爆薬》を設置してターン終了。


 ここで青木がついに動き出す。

 まず、《モックス・ダイアモンド》をキャスト。《Volcanic Island》をディスカードすると、2枚目をさらに追加し、宇田川の様子をうかがう。これがカウンターされなかったが、青木の手札には土地が無かったため、墓地に落ちる。

 続いて《暗黒の儀式》。これが《Force of Will》されてしまい、ライフが足らなくなってしまう青木は投了した。


宇田川 1-0 青木








Game 2

 先手の青木は、1マリガンの宇田川に対して、《Underground Sea》のセットから《思考囲い》をキャスト。ここでの宇田川の手札は《タルモゴイフ》《思案》《貴族の教主》《Tundra》《地平線の梢》《不毛の大地》というもの。ここから《思案》がディスカードさせられる。

 宇田川は《不毛の大地》《Underground Sea》を破壊。対して、青木は《汚染された三角州》から《島》をサーチしてターンを終了する。青木は、《地平線の梢》から《貴族の教主》を召喚、続くターンには《思案》を打って《呪文貫き》を確保してターンを返す。

 ここで不自然に《貴族の教主》がアタックしてこなかったことを踏まえて青木は「なるほど」と一言。これで動きに制限がかかってしまった青木、ターンを終了する。

 続くターン。宇田川は4マナ使用して、《神聖の力線》をキャスト。そして、そのカードをみて青木の動きが止まる。

 あわててサイドボードの見た青木は、その15枚のカードの中にパーマネント対策が残されていることを確認すると、すべてのカードを投げ出した。
 




宇田川 2-0 青木