準々決勝: 斎藤 悠(神奈川) vs. 佐藤 慎也(東京)

晴れる屋

晴れる屋

By Yuuta Okauchi


 厳しい8回戦を突破し、勝ちあがってきた8人のプレイヤー。レガシーの強者であることはここまでで十分示してきたが、最後の試合を勝利で締めるためには、あと3試合を勝ち進む必要がある。
 
 『ANT』の化身たる斎藤と、『Team America』で直前に行われた「鴨葱杯」を優勝して波に乗る佐藤。優勝に向けての一歩を刻むのは果たしてどちらか。



Game 1

 お互い1マリガンからスタートする。
 

 先手の佐藤の第一手は、《Underground Sea》からの《思考囲い》《暗黒の儀式》×2、《思案》《蒸気の連鎖》《沈黙》《Scrubland》という6枚から、《暗黒の儀式》を1枚減らす。
 
 斎藤のドローは《汚染された三角州》。ここから《島》をフェッチして、《思案》をキャストする。
 
 佐藤も《思案》する。二人の《思案》は全くの別物だ。佐藤の《思案》は対抗手段を求めるもの。斎藤の《思案》は対戦相手を倒すためのカードを求めるもの。
 
 《溢れかえる岸辺》を置くだけでターンを返す斎藤。準備を整えている雰囲気満々だ。
 
 佐藤は再びの《思案》で手札を整え、《Hymn to Tourach》で手札を攻撃する。斎藤の3枚目の土地である《Scrubland》が落とされてしまい、何もアクションが取れずターンを返すことに。
 
 4枚目の土地を引いた佐藤は勇躍フルタップで《精神を刻む者、ジェイス》を場に送り、斎藤のドローを攻める。
 
 このターン終了時に、斎藤は《蒸気の連鎖》《精神を刻む者、ジェイス》をバウンスするとともに、墓地を7枚にし、返すターンに《陰謀団の儀式》から《むかつき》に繋げる!
 
 しかし、2枚目の《むかつき》がめくれてしまい、一気にライフが1になってしまって微妙なタイミングで止めざるを得ない。
 
 それでも、《強迫》で安全確認ののち、空《沈黙》を挟み、ギリギリの16点《苦悶の触手》を決めてみせた。
 
 これが、『ANT』の化身。
 
 
斎藤 1-0 佐藤



Game 2

 再びの《思考囲い》《冥府の教示者》を抜きとるスタートの佐藤。斎藤は《ライオンの瞳のダイアモンド》を2枚と《師範の占い独楽》を並べる。
 
 《渦まく知識》から《不毛の大地》がもたらされ、斎藤の唯一の土地である《Tundra》が割られ、クロックとして《タルモゴイフ》が送り込まれる。
 
 その間、ずっと斎藤は土地を引けない。斎藤のドロー後に佐藤は《ヴェンディリオン三人衆》でハンドを確認。《冥府の教示者》をボトムに送るが、このドローが《汚染された三角州》。これで《沼》をサーチし、ようやく《師範の占い独楽》が動き始める。
 
 佐藤は《思案》。から《Hymn to Tourach》。もう斎藤に残された手札は少ない。倍になったクロックにより、残りライフももうない。
 

 諦めずに、《渦まく知識》からの逆転手を探すが……斎藤の望むカードは見つからなかった。
 
 
斎藤 1-1 佐藤



Game 3

 斎藤は土地のない手札をマリガン。佐藤は少し考えるが、最初の7枚にすべてを託すことにする。
 
 《モックス・ダイアモンド》から《思考囲い》スタート。だが、佐藤の手札には2枚の《Hymn to Tourach》が。これは仕方ないと、無視して《タルモゴイフ》をディスカードさせる。
 
 続けて引いてきた《Scrubland》《強迫》を放ち、《破滅的な行為》をディスカードさせる。これで、《Hymn to Tourach》の被害を最小限に留めようとする。
 
 佐藤は《Hymn to Tourach》でハンドをすべて捨てさせるが、ここで斎藤のトップデッキが《闇の腹心》!俄然勝負が分からなくなり、この《闇の腹心》が与えた《根絶》が佐藤のデッキの《タルモゴイフ》を壊滅させる。
 
 「ボブは土地がめくれたら宇宙」の格言通り、斎藤の手札は充実してゆく。《冥府の教示者》《師範の占い独楽》を与え、これが通る。こうなるともう毎ターン宇宙が約束されるのだ。
 
 これを放置できない佐藤。自分の前の4枚の土地を前に少考し、《破滅的な行為》をキャスト。これに2枚の《目くらまし》を使うことで《Underground Sea》を事実上アンタップし、2マナを用意して《闇の腹心》ごと流そうとする。これに対応して、斎藤は《師範の占い独楽》をトップに逃がし、一旦盤面がリセットされる。
 
 斎藤は《師範の占い独楽》を置きなおすだけでターン終了。佐藤は《思案》から《不毛の大地》を見つけ、《水晶鉱脈》を叩き割る。
 
 なんとか《渦まく知識》《師範の占い独楽》で掘り進んでいくが、佐藤のハンドの《Hymn to Tourach》を知っているため、手札に残せる有効牌が少ない。
 
 佐藤は《ヴェンディリオン三人衆》で自分の《思考囲い》をボトムに送り、新たなカードを手に入れるとともにクロックを用意。ついに斎藤のライフが減り始める。
 
 このギリギリのタイミングで《思案》をなんとか引きこむが、シャッフルでどこかに送ったはずの2枚目の《師範の占い独楽》をドロー。これをドローに換え、続くターンにはついに《むかつき》にたどり着くが……。
 
 佐藤は5枚の土地をタップし、《Force of Will》を「普通に」プレイした。
 
 
斎藤 1-2 佐藤