神と挑戦者の読み合い: レガシー編

晴れる屋

晴れる屋

By Hiroshi Okubo

 この神決定戦の醍醐味は、デッキの読み合いが発生するということにある。

 何せ対戦相手は1人。多くの対戦相手が駆る様々なデッキと戦う必要がある普段のトーナメントと違い、ただ1人に勝てばいいのであって、極端な話相手のデッキが75枚わかっているなら、それをガンメタすることすら正当化される。

 そんな状況で。はたして『神』は、『挑戦者』はいかなるデッキを持ち込むのか?

 ここでは互いのデッキについての2人の事前予想を聞いてみよう。

Q1.対戦相手が持ち込んでくるデッキは何だと思いますか?
また、その理由は?

有田 浩一朗

有田

BUGコントロール。挑戦者決定戦やヴィンテージの大会結果から、BUG系のコントロールを好む傾向にあると感じたからです。

実はエターナルウィークエンドではBUGコントロールで出場するために調整していたのですが、禁止改定で《死儀礼のシャーマン》を失い停滞していました。しかし、その後の調整で《死儀礼のシャーマン》がなくとも十分戦えることが分かったため、挑戦者の嘉藤 裕樹さんであればリストを綺麗にまとめることができると考えたからです。

嘉藤 裕樹

嘉藤

候補1:グリクシスコントロール

グリクシスコントロールは《死儀礼のシャーマン》亡き後、4Cレオヴォルドに代わる形で台頭したデッキですが、メタ上のほとんどのデッキに対して有利に戦うことができる、現環境で最も強いデッキの一つであり、前回使用された4Cレオヴォルドと使用感も大きく変わらないことから、第一候補として予想しました。明確に相性が悪いバーンやエルドラージポストといったデッキが神決定戦では選択され辛いことも理由の一つです。

数少ない欠点として、選択肢が豊富でプレイ難易度が高い点が挙げられるかと思いますが、これまでANTや4Cレオヴォルドといった非常に高いスキルが求められるデッキを見事に使いこなしてきた有田さんであればその点は問題にならないのではないかと思います。

候補2:スニークショー

古くから存在している言わずと知れた最強のコンボデッキですが、《死儀礼のシャーマン》亡き後、さらに相対的に強さを増しました。上記のデッキに比べてプレイ難易度もそこまで高くなく、どのデッキに対してもメインボード2戦を安定して勝てることから候補として挙げました。

他にもリアニメイトなどのメイン最強のコンボデッキは存在しますが、サイドボード後の安定感の点で頭一つ抜けていることからコンボデッキを使用するのであればスニークショーを選択するのではないかと予想しました。

候補3:ANT

《ギタクシア派の調査》を失ったことによりデッキパワー自体は落ちましたが、癌だった《死儀礼のシャーマン》が消えたことによりメインボードの勝率はむしろ上がっているのではないかと思います。

有田さんと言えばANTと知られてしまっているため選択し辛いとは思いますが、使用者によって大きく強さが変わるデッキであり、個人的に一番使って欲しくないデッキの一つです。

Q2.それを踏まえてどのように考えてデッキ選択やカード選択をしましたか?

有田 浩一朗

有田

BUG系に有利なデッキということで、最初は赤単プリズンとLandsが候補に上がりました。赤単は安定感に欠けたためLandsを選択しましたが、プリズンの流行により基本土地の採用率が高まっていたので、こちらもあまり良い戦績を挙げられませんでした。

新たな選択肢を求めていたところ、4Cデスブレードを勧められ、試してみたところBUGに有利なだけでなく普段レガシーではあまり見ないカードを強く使えることと、プレインズウォーカーを多く使えることにかなり魅力と手ごたえを感じていました。しかし、禁止改定があり、《死儀礼のシャーマン》を失ったことでこのリストは使えなくなってしまいました。

今回使うエルドラージポストは前回の4Cレオヴォルド調整中に何度かMOで当たり、相手が重いカードを引かないことを祈るしかできなかったことが最大の選択理由です。

《コラガンの命令》を使い回し、《厳かなモノリス》などマナファクトを割ることができる4Cレオですら止めることは難しかったので、BUGコントロールに対しては間違いなく有利だと感じています。

メインボードの重いカードの選択についてはBUGコントロールが対処しづらい《精霊龍、ウギン》を多く採用できるように意識して組みました。

嘉藤 裕樹

嘉藤

グリクシスデルバーを選択しました。第一候補に挙げたグリクシスコントロールに強く、かつそれ以外のデッキを使用された場合でも安定して戦える点が選択の理由です。

苦手な《虚空の杯》を使用したデッキやデスタクなどは恐らく選択してこないというのも理由の一つです。

Q3.自信のほどはいかがですか?

有田 浩一朗

有田

ショーテル系と赤黒リアニでなければ大体勝てると思います。

嘉藤 裕樹

嘉藤

全くありませんが、プレイミスだけはしないように心がけたいと思います。


 激しい空中戦が巻き起こる。

 過去の神決定戦の中でも毎回最も深い読み合いが発生していたレガシー。神は川北から有田へと継承されることとなったが、苛烈極まる読み合いは今なお健在のようだ。

 互いに読みは外しているが、読み合い時点で神・有田が大きくリードしている。今回の神決定戦に向けて、有田は嘉藤のレガシーの戦績はもちろんヴィンテージのデッキ傾向についても探っていたと語っており、様々な大会結果を総合して分析し、嘉藤の持ち込むデッキ、「グリクシスデルバー」にとっては鬼門である《虚空の杯》を採用したデッキを選択することに成功している。

 とはいえ、過去にも神決定戦で神や挑戦者がデッキ相性差を覆してきた例はいくつもあるし、勝負は実際に試合が終わるまで分からない。はたして嘉藤は神・有田に勝利することができるのか!?