モダンデッキテク:増田 勝仁の「エターナルブルーファイアーズ」

晴れる屋メディアチーム

晴れる屋メディアチーム

(※本記事はスイスラウンド中に取材したものです)

《創案の火》 in モダン

モダンには様々なデッキがある。本大会の対戦卓を見回してもいろいろなデッキが群雄割拠していた。

創案の火

そんな中で、一際目を引いたのが《創案の火》だった。モダンで《創案の火》興味が湧いた私は彼に話を聞いてみることにした。

増田 勝仁

増田 勝仁(東京)。

『ラヴニカのギルド』環境名人戦で優勝、そして日本選手権2019でもトップ8に入賞と実力のある選手だ。そんな彼が語る、エターナルブルーファイアーズとは。

ずっと俺のターン!!

――かなり面白そうなデッキですね。まずはこのデッキの基本的な動きを教えてください。

創案の火時間のねじれ反逆の先導者、チャンドラ

「このデッキが目指すゴールは《創案の火》を置いて、《瞬間の味わい》《時間のねじれ》の2種類の追加ターン呪文を撃ち続けて、最終的に《反逆の先導者、チャンドラ》《精神を刻む者、ジェイス》の奥義で勝利します」

――なるほど。《瞬間の味わい》なんてカード初めてみました。

瞬間の味わい

「デメリットがキツイので、いままでのエターナルブルーだと《時間のねじれ》《永劫での歩み》といった重い追加ターン呪文しか入ってなかったんですけど、《創案の火》のおかげでデメリットを無視できるので使えるようになりました。3マナという破格の軽さで、《創案の火》を置いたターンに撃てるのでめちゃくちゃ噛み合ってます」

――《創案の火》を置くまではどういった動きをするんでしょうか?

イゼットの魔除け差し戻しクルフィックスの指図

「序盤は《選択》でドローを進めつつ、《イゼットの魔除け》《差し戻し》で妨害します。3ターン目に《クルフィックスの指図》《覆いを割く者、ナーセット》をプレイし、《創案の火》か追加ターン呪文を探しに行くのが序盤の動きですね」

――どうしてこのデッキを選択したんでしょうか?

「この大会用にモダンのデッキをいろいろ探していて、ちょうどLSV(ルイス・スコット=ヴァーガス選手)が配信してるのを観てときめいたんですよね。その配信では相手の《召喚士の契約》の後に《疲労困憊》で土地縛って勝ってました(笑)

――そんな勝ち方があるんですね(笑) なにか元のリストから変更した点はありますか?

猿人の指導霊疲労困憊

「元のリストには《猿人の指導霊》が2枚入ってたんですよね。このカードを経由して3ターン目に《創案の火》から《瞬間の味わい》って動きはかなり強いんですけど、5マナの《時間のねじれ》まで繋げるにはもう1枚《瞬間の味わい》が必要なので、要求値が高いと感じ抜けましたね。一応フェッチランドから《神秘の聖域》を持ってきて、それプラスドロー呪文で再び《瞬間の味わい》を引き込むこともできますが」

「あとは《疲労困憊》ですね。プレインズウォーカーが多いデッキだとマナを縛ったとこで能力を使われちゃうんですよね。なので、バリューが安定している追加ターン呪文だけに絞りました

――回していくうちに改善点が見つかったと。《神秘の聖域》が4枚も入ってるんですね。

神秘の聖域

「このカードは実質追加ターン呪文ですね。フェッチから持ってこれますし、再度墓地に落ちた追加ターン呪文を使いまわすことができます。また、アンタップインさせるためには絶対に《島》が必要なので、元のリストから《ヴァントレス城》を1枚減らしました。絶対に《創案の火》を4ターン目に置きたいんですよね。《謎めいた命令》で場の《神秘の聖域》を手札に戻して、また《謎めいた命令》を、みたいな動きも可能です」

――《海の中心、御心》も珍しいですね。
海の中心、御心

《創案の火》さえ置いてしまえば土地は使い放題なんで、《ヴァントレス城》も含め欲しいカードを探すのに重宝します」

――どんなデッキに有利、また不利なんでしょうか?

解放された者、カーン死の影

妨害の薄いトロンやウルザオーコには強いですね。相手のビックアクションの返しに勝つことができますから。不利な相手はハンデスで妨害してくるデッキですね。特にクロックもあって妨害手段が豊富な《死の影》系デッキは苦手です」

――増田さんといえば、『ラヴニカのギルド』環境名人戦でも《運命のきずな》デッキを使って優勝されてましたよね。追加ターン系のデッキがかなりお好き、ということなんでしょうか?

増田 勝仁

「端的に言って最高ですね。嫌われる系のデッキっていろいろあると思うんですけど、中でもソリティア系のデッキが好きです。練習相手が必要なくて、無限に一人回しで満足できますからね」

――では最後に、大会への意気込みをお願いします!

「主戦場であるスタンダードは全勝を目指して、モダンは3敗くらいを狙って頑張ります!」

――ありがとうございました!


スタンダードに飽き足らず、モダンでも追加ターンし続ける増田 勝仁選手。

きっとあなたも普段とは違うマジックに病みつきになることだろう。

カバレージトップへ戻る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
晴れる屋メディアチーム

晴れる屋メディアチーム 晴れる屋メディアチームの記事はこちら