スタンダードデッキテク:横川 裕太の「アゾリウスミッドレンジ」

晴れる屋メディアチーム

晴れる屋メディアチーム

(※本記事はスイスラウンド中に取材したものです)

アゾリウスのなにか

先週、ミシックチャンピオンシップ Ⅶの幕が閉じ、『エルドレインの王権』環境のスタンダードも残すところあと数ヵ月となった。

環境終盤では目新しいデッキに出会うことは稀だが、会場を見て歩いていると久々に見たカードに思わず二度見してまった。そのカードとは……

永遠神オケチラ

盤面を制圧していたのは《永遠神オケチラ》だった。珍しいなあ、と思いながらゲームをよくみていると、そのほかにも見慣れない青と白のカードが相手を圧倒していた。そんなアゾリウスミッドレンジを使う横川 裕太にデッキについてインタビューを行った。

横川 裕太

横川 裕太

《永遠神オケチラ》の降臨

――なかなか見慣れないデッキですね。どういった動きをするんでしょうか?

幽体の船乗り徴税人ドビンの拒否権

「序盤は《幽体の船乗り》《徴税人》でクロックをかけていき、《ドビンの拒否権》《時を解す者、テフェリー》で妨害します。フィニッシャーとして《永遠神オケチラ》がいる感じですね」

――どうしてこのような形になったんでしょうか?

「最初はアゾリウスコントロールを使っていて、サイドプランとして《永遠神オケチラ》を入れていたんです。何度も対戦するうちに、このカード毎回どんな相手にもサイドインしてるなってことに気づいて、じゃあメインでいいじゃんとなりました」

永遠神オケチラ

――最近まであまり見ないカードでしたよね。

「そうですね。ただ『エルドレインの王権』で登場した出来事クリーチャーのおかげで、このカードの価値が大きく上がりました

――といいますと?

巨人落とし厚かましい借り手

「序盤に《巨人落とし》《厚かましい借り手》で盤面を捌いたあとに、クリーチャーとして唱えられるんですよね。除去とクリーチャーという2つの役割を1枚で行なえるので、《永遠神オケチラ》の能力を生かしやすくなっています」

――なるほど。《惑乱スプライト》をスタンダードでみるのは初めてかもしれません。

惑乱スプライト

「まだ今日一度も活躍してないんですが(笑)、《朽ちゆくレギサウルス》《真夜中の死神》など低マナ域のマストカウンターなカードを打ち消せますし、飛行クロックはやっぱり優秀ですね」

横川 裕太

あと今コントロールの優位性がないと感じています。前までは相手の動きを捌いた後に《ドミナリアの英雄、テフェリー》などプレインズウォーカーで蓋ができて、相手の除去を完全に腐らせることができたんですよね。でもいまは《厚かましい借り手》《裏切りの工作員》といった細い勝ち手段になったうえに、除去があたってしまう。であればメインからクリーチャーをいれちゃおうと」

――そんな発想のもと生まれたデッキなんですね。確かに、こうしてみると結構優秀なクリーチャーが揃っていますね。

徴税人幽体の船乗り巨人落とし

「青白のカードはいま環境にあってると思います。軽い除去が環境に少なくて、システムクリーチャーが生き残りやすいんですよね。《徴税人》は最近増えたフラッシュにはもちろん、サクリファイス系デッキの《魔女のかまど》《パンくずの道標》に制限をかけることができます。《幽体の船乗り》は言わずもがな、《巨人落とし》なんかも致命的な脅威を除去しつつ、クリーチャー面でも実質除去として活躍してくれます」

――土地が27枚と少し多めに見えるんですが、これはなにか理由があるんでしょうか?

世界を揺るがす者、ニッサフェイに呪われた王、コルヴォルド

「今のスタンダードって《世界を揺るがす者、ニッサ》とか《フェイに呪われた王、コルヴォルド》といったマウントをとるカードが多くて、土地が止まると絶対に負けるんですよね。なので構築するうえでスクリューしないように、ある程度フラッドさせるよう組んだ方が良いと考えています」

――土地はあるだけいいと。

永遠神オケチラ幽体の船乗り老いたる者、ガドウィックヴァントレス城
「そうですね。《永遠神オケチラ》+クリーチャー』のダブルアクションを実現させたいですし、《幽体の船乗り》《老いたる者、ガドウィック》《ヴァントレス城》とマナの使い道はたくさん用意してありますからね」

――どんなデッキに有利ですか?

フラッシュ系にはかなり有利ですね。《時を解す者、テフェリー》が効果的ですし、《幽体の船乗り》で相手の《厚かましい借り手》を簡単に討ち取ることもできます。なにより《永遠神オケチラ》《老いたる者、ガドウィック》が通りさえすれば盤面で負けることはほとんどないです」

――では、最後にこのデッキの魅力を教えてください!

なんといっても《永遠神オケチラ》です!改めて使ってみるとこのカードの強さに驚くと思うので、是非使ってみてください!」

――ありがとうございます!


アゾリウスコントロールを回す中で訪れた逆転の発想。今まであまり使われることのなかったカードにスポットライトを当て、見事デッキへと昇華させた。

横川 裕太のアゾリウスミッドレンジ、お試しあれ。

カバレージトップへ戻る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
晴れる屋メディアチーム

晴れる屋メディアチーム 晴れる屋メディアチームの記事はこちら