神インタビュー:市川 ユウキ ~神の見据えるマジックの未来~

晴れる屋

晴れる屋

By Hiroshi Okubo


(スマートフォンの方は【こちら】)


 市川 ユウキ(Magic Online)。

 言わずと知れたトッププロプレイヤーである市川は、2015年の下半期にも【Team Cygames】に電撃加入を果たし、【ワールド・マジック・カップ2015】で解説役を務めるなどマジック界のキーパーソンだった。

 そのハイスピードかつ的確な思考を独特のユーモラスな語り口に乗せる市川スタイルの解説に魅了されたマジックファンは少なくないだろう。

 そんな市川が【第4期モダン神決定戦】で『死せる生』を用いて挑戦者・高野を下したことは記憶に新しい。

 本インタビューでは、プロプレイヤーとして、市川が今見据えるものは一体何か? そしてモダン神として、モダンフォーマットで勝つために必要なことは何かを語ってくれた。

(※なお、本インタビューはスケジュールの都合でSkype上で実施しました)



※画像は【第4期モダン神決定戦】のもの




プレイを言語化するということ

--「最近の市川さんのご活躍と言えば、プレイヤーとしてのみならず【ワールド・マジック・カップ2015】や、【Team Cygamesのマジック講座(仮)】で解説を担当されていましたね。プレイングの意図やゲームの趨勢を的確に分析して言語化する技術には感服します。やはり【ニコ生での放送】の賜物なのでしょうか?」




市川「よく言われるんですけど、自分じゃ分からないですね(笑) 人と話をしたり、自分の考えをアピールするのは元々好きでしたが…………マジックプレイヤーで、話す人が少ないだけじゃないですかね」

--「なるほど。もっとみんな話すべきだと思いますか?」

市川「そう言いたいところなんですけど、プロが自分のノウハウや情報を公に共有するのってマイナスの面も付きまといますよね。だから現状は意欲の有無に委ねられてる部分も大きいんじゃないかなぁ」

--「どうしたらその状況は改善されるでしょうか?」

市川「改善策の一つはやっぱりお金じゃないですかね? 身も蓋もないように感じられるかもしれないですけど、公利公益のためだけに活動するっていうのも現実的じゃないですし。だから、プロが情報を発信することに対して意欲的になれる土壌ができたら理想的ですね。それも含めて、業界全体が盛り上がっていくといいと思います」

--「今はその途上ということでしょうか」

市川「そうですね、ゆくゆくはそうなっていくとおもしろいですよね。ただ、僕個人としては好きだからやってる。ただそれだけです」



モダンとはなにか?

--「【前回】“マジックの勝利の秘訣は環境把握”と仰っていましたが、それはモダンでも変わりませんか?」

市川「そこは基本的に変わらないんですけど、モダンって他のフォーマットと比べて“どのデッキも弱い”と思うんですよね」



※画像は【第4期モダン神決定戦】のもの


--「どのデッキも弱い、ですか?」

市川「ちょっと語弊がありますかね? 突き抜けて強いカードは禁止されちゃいますし、デッキパワーの差が小さいんですよね。だからどのデッキでも勝ち得るし、どのデッキとのマッチアップも想定しなくちゃいけない。その一方で、たとえば《Force of Will》みたいな受けの広いカードはほとんどない。だからどうしても対応する側が不利を強いられて、結果的にジャンケンのような相性差が生まれてしまうフォーマットだと認識しています」

--「どのデッキにもチャンスがある代わりに、環境が雑多でメタゲームが想定しにくいということですね。これにどう対処していけばよいのでしょうか?」

市川【第5期モダン神挑戦者決定戦のトップ8プロフィール】では、みなさん『一つのデッキを使い込む』といったご回答をされていたんですが、その中で木原 惇希さんだけがすべてのデッキの動きを知ると答えていらしたんですよね。僕はこれに賛成で、一つのデッキにこだわらずにいろんなデッキを試すといいと思ってます」

--「そうすることで、攻略の糸口がつかめると」


欠片の双子タルモゴイフ


市川「たとえば『双子』や『BG系』のデッキはモダンでは比較的安定したデッキですが、これらのデッキだけを極めていても突然変異みたいなデッキに負けちゃうこともあるので、オリジナルデッキやコピーデッキを含めていろんなデッキを回してボキャブラリーを増やしておくに越したことないです」

--「プレイに関してですが、ゲーム中はどういったことを考えてマジックをプレイされているのでしょうか?」

市川「実はゲーム中に何を考えてるかはよく覚えてないんですよね。だから感想戦も苦手で……負けた試合のことはよく覚えてるんですけど」

--「それは意外ですね! プロプレイヤーの方って、みっちり感想戦をしているイメージでした」

市川「調整会とかではけっこうみんなプレイングの話とかもしてるんですけど、僕はそれよりもっとデッキ回そうよって思っちゃいます。特に負けた瞬間って、感情に流されてしまってロジカルな答えが出ない場合があるので、その場その場で考えるようなことはあまりないですね。3ヵ月くらい寝かせておいて、ふと”あのときのベストなプレイングはこうだったな”とか思い返すことはあります」

--「3ヵ月ですか……かなりじっくり寝かせますね」

市川 「1年くらい寝かせることもありますよ。今はちょっとよくわからんからこの問題は寝かせておこう! みたいな感じですね。けっこうそういうのって酒の肴にもなるんで、仲間内で話題になったりもしますしね」



千変万化のデッキ選択

--「前回はまさかの『死せる生』で“神”の座を防衛されましたが、今回も秘策がおありですか?」

市川「次のプロツアーがモダンということもあって、いろいろなデッキを回してはいますよ。《風景の変容》入りの【バベル】とかも試しましたからね(笑) 勝ちパターンがいくつかあっておもしろかったですよ」

--「これは当日にも期待できそうですね。挑戦者の佐藤さんについてはどういった印象を持たれていますか?」

市川「けっこうカバレージを読むので、お名前は存じ上げております。たしか【GP静岡2014】でもトップ8に残られてましたよね。実は以前、BMOスタンダードで当たったことがあるんです。そのとき佐藤さんはたしか『ティムール・アグロ』を使用されていて、殴るデッキが好きな方なんだなー、と思った記憶があります」

--「最後に、試合への意気込みや読者へ一言あればお願いします」

市川「いやー、そろそろ負けちゃうかなー(笑)

--「またまたそんな(笑) 本日はありがとうございました!」



※画像は【第3期モダン神挑戦者決定戦】のもの






 勝ちたいと願い、勝つために手を尽くす。市川 ユウキは追われる立場にあってなお、誰にも負けないチャレンジャー精神の持ち主だった。

 第5期モダン神決定戦では、どんな試合を見せてくれるのだろうか? 市川 ユウキの導き出す解答に今から期待が高まる。