統率者列伝 コマンダーサミット直前!統率者デッキを復習しよう

いってつ

即日完売の大人気イベントがやってくる。

みなさんこんにちは、統率者戦大好きいってつです。先日は《銀のゴーレム、カーン》デッキを使っていたところ、《魔力流出》を出されて完全にオワりました。

銀のゴーレム、カーン魔力流出

カーンはただ黙ってパワーストーンをつかみ、ぎゅっと押しつぶした。ギラギラした点滅が止んだ。

《魔力流出》フレーバーテキスト

さて!いよいよコマンダーサミットまで一週間を切りました!予約受付を開始して数時間で定員である160名からの予約をいただき、僕も当日を楽しみにしています。

さて、差し迫った問題はどんなデッキを持ち込むか。僕はたくさんのプレイヤーと遊びたいので、カジュアルからガチ、変則フォーマットまでたくさんのデッキを持ち込もうと思っています。というわけで、今回の統率者列伝では過去に紹介してきたデッキを振り返っていきます。

毎週のように統率者戦デッキを紹介してきた『統率者列伝』も、トロピ大塚が執筆したものから数えると20回を迎えました。これでもまだまだぜ~んぜんデッキを紹介しきれていないのですから、統率者戦の持つ多様性には驚かされますね。

デッキはカジュアルなものから順番に紹介していきます。気になった統率者はぜひ記事もご覧ください!

ここでの位置付けはあくまで紹介したデッキリストでの位置付けです。統率者の持つポテンシャルを100%活かしたものとは限らないこと、《船殻破り》など現在では禁止推奨カードに指定されているカードが一部含まれていることをご承知おきください。

コマンダーサミットで使用するテーブル分けについてもぜひご一読ください。

パーティーだ!殴れ殴れ

統治者で遊ぼう!

真の後継者、ジャレッド・カルサリオン

でたわね。発展性に難があるものの、ボードゲーム的楽しさを統率者戦に求めるならおすすめのデッキです。戦闘を誘因する「統治者」ギミックを前面に押し出した構成なので、殴り合いが盛んに行われます。

地震冒涜の行動絶滅の星

赤の全体火力を打って《真の後継者、ジャレッド・カルサリオン》を大幅サイズアップして勝利しよう。

構築ルールを無視。

骨齧り執拗なネズミ

統率者にネズミの《骨齧り》をすえた、《執拗なネズミ》デッキ。統率者の能力で黒とアーティファクト以外にはブロックされなくなった《執拗なネズミ》でどんどん殴ろう。《執拗なネズミ》は簡単に5/5くらいまで行くのであっというまにライフを詰められます。

バトルだ!殴って殴ってときどきコンボ

ここからは少しレベルが上がって、勝利への明確なビジョン・パターンを持つデッキです。無限コンボも登場しはじめます。

破壊不能天使

希望の天使アヴァシン

《希望の天使アヴァシン》を出す。こっちは不死身の軍団になるので殴って勝つ。なんてシンプルな戦略なんでしょう。《世界薙ぎの剣》と組み合わせて対戦相手の戦場だけを滅ぼすコンボも魅力です。

全部土地コンボ

野生の魂、アシャヤ

《野生の魂、アシャヤ》が出ると自分のクリーチャーはぜ~んぶ森になります。このユニークな能力を活かしたコンボで勝利を目指します。このデッキリストは意図的に「カジュアル」に組んでいますが、《野生の魂、アシャヤ》自身は緑単統率者のトップを争うほどの強力な1枚です。より上のレベルを目指して構築するのもいいでしょう。

人事を尽くしてトップをめくれ

アルケヴィオスの神託者、ジャズィ

《アルケヴィオスの神託者、ジャズィ》は8マナと重量級ですがやることがパワフル。ライブラリートップにエルドラージや《無限への突入》を積み込めれば、たった1マナで唱えられるようになります。

チャレンジするのはハイレベルな統率者戦!コンボコンボコンボコンボ

いわゆる準ガチといった領域にやってきました。まっすぐにコンボを目指すデッキが大半で、再録禁止カードもどんどん登場するようになります。

ゴブリンはいつだってマジックの顔

上流階級のゴブリン、マクサス

ゴブリンといえばマジックの始まりから今日に至るまで活躍してきた有名な部族です。統率者戦でも有力なデッキのひとつになっています。《上流階級のゴブリン、マクサス》は戦場に出たときにライブラリー上6枚をめくってその中からマナ総量5以下のゴブリンを全て戦場に出してしまいます。ライブラリー上に好きなだけゴブリンを積み込むことができる《ゴブリン徴募兵》とのコンボが非常に強力です。

これからのスタックスの話をしよう

大衆扇動者、ブリーナ

シルバークイル大学の教授。オルゾフカラーの《トレストの密偵長、エドリック》こと、《大衆扇動者、ブリーナ》。こちらのリストではスタックスクリーチャーでコンボデッキを足止めし、《大衆扇動者、ブリーナ》自身やスタックスクリーチャーをサイズアップさせて殴り切る戦略をとっています。対戦相手のデッキが強ければ強いほどこちらのカードも強く作用するデッキです。

統率者BBQ

自由なる者ルーリク・サー

統率者でもバーンだ!対戦相手のライフを詰めていきましょう。記事で紹介したリストは《魔力の墓所》《宝石の睡蓮》はおろか、《猿人の指導霊》さえ入れていないカジュアルな構成ではあるものの、しっかりマナクリーチャーや《ジェスカの意志》などを握ってキープすることで《自由なる者ルーリク・サー》を早期に着地させることが可能です。「クリーチャーでない呪文を連打するデッキ」にやたらと強い統率者なので、構築とプレイング次第ではガチ卓にまざってもうっかり勝ちが拾えてしまうかもしれません。

Exterminate!

真実の解体者、コジレック

僕が個人的に最も愛しているデッキが《真実の解体者、コジレック》。打ち消しどころか除去も少なく、防御力は皆無。そのくせ《無のロッド》で死。非常に不安定でもろいデッキなのですが、うっかり2,3ターン目に《真実の解体者、コジレック》が登場するデッキでもあります。強気でいきましょう。

俺は勝ちに来たんだよ。ターボとスタックス、ミッドレンジの戦い。

いわゆるガチなデッキ、cEDH級のデッキの紹介です。統率者列伝ではカジュアル~準ガチを中心に紹介してきたのでここで紹介できるデッキは少ないのですが、コマンダーサミットでは「最強統率者決定戦」も行われ、普段のイベントでは目にすることの少ないガチ中のガチデッキと出会えるはず。楽しみです。

天才のためのデッキ

パルン、ニヴ=ミゼット

統率者が絡む無限ダメージコンボが非常に強力でファンの多い統率者が《パルン、ニヴ=ミゼット》です。《船殻破り》の流行で鳴りを潜めていましたが、《船殻破り》の退場によって再注目されています。

2ターン目に《むかつき》を唱えるようなターボ型高速コンボの台頭によって《パルン、ニヴ=ミゼット》はコントロールの性格を強めたデッキに変わりつつあるようです。

トップ選手が認めた強さ。

刃を咲かせる者、ナジーラ

5色全ての固有色を持ち、コンボを決めずとも殴り勝つことさえ可能な《刃を咲かせる者、ナジーラ》。トップ選手ジェイコブ・ナグロも「最強の統率者だ」と評価しています。

《刃を咲かせる者、ナジーラ》自身が絡む無限戦闘コンボはルートが多彩で妨害が困難です。オラクルコンボも搭載され、攻めの幅の広さが魅力的です。

おわりに

これまで紹介してきた統率者デッキを振り返ってみました。ここでの評価はあくまで記事で紹介したリストに準拠したものだということを忘れないでください。この記事では《骨齧り》デッキを「ごくごくカジュアル」として紹介しましたが、コマンダーサミットにやってくる《骨齧り》デッキは《織端の石》コンボで《執拗なネズミ》を何十体も並べてくるかもしれませんよ。

当日はゲームの雰囲気や自分の気分に合わせてテーブルを変えることも自由なのでぜひいろんな統率者戦を体験してください。

商品ページはこちら

そうそう、【コマンダーサミット応援セール】も実施中です。個人的おすすめは三倍マン0ターン目に出る土地です。今のうちに注文して当日受け取ろう!

「このイベントは晴れる屋史上初だ。何が起こるか誰も予測できない」。たった一つの店舗に160人もの統率者戦プレイヤーがあつまったことなどたったの一度もないからです。当日僕は取材しながらテーブルにも混ぜてもらう予定ですが、こんなにワクワクしたことはありません。

それではみなさん、11/3は晴れる屋トーナメントセンター東京でお会いしましょう。

商品ページはこちら

コマンダーサミットの事前予約はすでに完売しております。若干数の当日受付がございます。詳細は晴れる屋TC東京公式twitterでご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いってつ 晴れる屋メディアチームスタッフです。統率者戦は自己実現の物語。私を成長させ、貯金を破壊する。最近の悩みは統率者戦の記事執筆で忙しくて統率者戦が遊べないこと。 いってつの記事はこちら