コマンダー塚本の統率者最前線!! vol.46 -EVERYDAY YOUNG LIFE-

塚本 樹詩

塚本 樹詩

 皆さんこんばんは。コマンダー塚本こと、塚本ですよ!!

 今年も統率者セットである『統率者2018』が発売されましたね!

 『統率者2018』のオススメカードについては、偉大なる大塚先輩が紹介してくださっているので、まだ読んでない統率者プレイヤーはぜひともこちらをご覧ください↓

 僕もいち統率者戦ユーザーとして新たなおもちゃの追加に興奮しながらカードリストを眺めていたのですが、そのときある1枚のカードを見て衝撃が走りました!

仮面使い、エストリッド

 え? 「+2」能力でエンチャントの付いたパーマネントが全部アンタップするの???

繁茂楽園の拡散肥沃な大地楽園の贈り物はびこり奇妙な森新たな地平遮蔽された高楼新緑の安息所

 え? ぱっと思いつくだけでもこんなに土地につけられるオーラがあるので、これらをペタペタ土地につけて《仮面使い、エストリッド》出せば実質フリースペルなのでは!?

 《仮面使い、エストリッド》は統率者にできるから、常にフリースペルが手元にある状態でゲームができるってこと!?!?

 はい、組みます! ということで、今回は一目惚れした《仮面使い、エストリッド》の話です!!

「+2」能力を使い倒せ!!

 上記で表示した通り、(土地につけることができて)マナを生み出す能力を補助するようなエンチャントがデッキコンセプトにマッチしているのはすぐにわかりましたが、他にも相性の良いエンチャントはないのか? と考えました。

秘宝奪取併合

 そうして思いついたのが、相手のパーマネントのコントロールを奪えるエンチャントの採用!! 対戦相手が複数人いるフォーマットなので強いパーマネントが出てくる機会も多く、《秘宝奪取》《併合》の対象は選り取り見取りでしょう。これらを使って奪ったパーマネントは《仮面使い、エストリッド》の「+2」能力でアンタップできるので、大量にマナの出るパーマネントや手札を増やせるパーマネントを奪っていきたいですね!!

賢いなりすましエンチャント複製

 デッキの中にエンチャントがたくさん入ることが予想されるので、それを加味して《賢いなりすまし》《エンチャント複製》も採用することに! 上に挙げた《秘宝奪取》《併合》のコピーとして出せたら相手の行動を阻害しながらリソースを増やせるので、序盤は特にこの組み合わせを狙うとゲーム展開がスムーズになりそうでいいですね!

女魔術師の存在アルゴスの女魔術師

 デッキにエンチャントがたくさん入るとなると、《女魔術師の存在》《アルゴスの女魔術師》がドローエンジンとして機能しそうなので、これらも即採用!! ですがまだまだ亜種がたくさんあるこれらのカード、「どこまでスロットを割けばいいのか」という問題もあります。今回は統率者が《仮面使い、エストリッド》ということもあり、パーマネントにつけられないオーラを採用しすぎてもデッキが機能しなくなりそうなのでこの2枚に抑え、これらに加えて他のカードにもアクセスできるようなサーチ呪文を採用するようにしました!

緑の太陽の頂点永遠の証人再利用の賢者キオーラの追随者

 というわけで、《緑の太陽の頂点》を元に緑のクリーチャーを銀弾させていきましょう!! 一発目は余程切羽詰まっていなければ《アルゴスの女魔術師》をサーチすることになりそうですが、墓地にキーカードが落ちてしまっていたら《永遠の証人》、盤面に致命的なアーティファクトやエンチャントがあるのであれば《再利用の賢者》、そして目的はないが盤面に謎のプレッシャーを与える《キオーラの追随者》!!

 とても頼もしいラインナップで《緑の太陽の頂点》に強烈な汎用性がもたらされましたね!!

土地の聖別秘宝の護法印

 そしておそらく採用されるであろう《セラの聖域》を始めとした各種土地を守りながら《仮面使い、エストリッド》の「+2」能力の影響下にも置ける《土地の聖別》とアーティファクトを守りつつも「+2」能力にも反応するようになる《秘宝の護法印》も採用!!

 こうして、《仮面使い、エストリッド》の「+2」能力を使い倒せるカードの選出はあらかた済んだのではないでしょうか?そうなると次に出てくる問題は、そう!!

 《仮面使い、エストリッド》でパーマネントを起こしてどうするんだ!!

 ということです!!パーマネントを起こしたその先には何が待っているんだ……。

「-1」能力のはずが、(プラス)してる!?

 「+2」能力のインパクトに引かれてデッキを考え始めましたが、セカンドインパk……第二の衝撃が塚本を襲います!!

 そうです、「-1」能力はもっとバグっていたのです!!

仮面使い、エストリッド仮面トークン

 《仮面使い、エストリッド》は自らの能力でパーマネントをエンチャントされている状態にできるのです。しかも、「族霊鎧」というおまけ付きで!! これがどれだけ凄いことか以下のカードと共に説明しましょう!!

鎖のヴェール

 もはや説明不要だと思われますが、《鎖のヴェール》《仮面使い、エストリッド》の2枚で無限コンボとなります!!

(1)《仮面使い、エストリッド》の「-1」能力を使って、《鎖のヴェール》《仮面トークン》をエンチャントする。

(2)《鎖のヴェール》の能力起動。《仮面使い、エストリッド》の忠誠度能力が再び使えるようになる。

(3)《仮面使い、エストリッド》の「+2」能力起動、(2)でタップされた《鎖のヴェール》《仮面トークン》がエンチャントされているのでアンタップされる。

 こうして(2)と(3)の手順を任意の回数ループできるようになるので《仮面使い、エストリッド》の忠誠度は無限に増えるのです!!

 この手順を実現するためにある程度のエンチャントされた土地が必要となりますが、裏を返せば手順を繰り返すために必要な数以上のマナが生み出せる状態なら、そのマナも無限に増えていくので勝ち手段への足掛かりになりますね!!

エッセンスの漏出ヴィリジアンの収穫魂の秘宝

 《鎖のヴェール》《仮面トークン》をエンチャントさせる手順を省略させるために《エッセンスの漏出》《ヴィリジアンの収穫》《魂の秘宝》も採用!! コンボ成立に余裕があるなら、マナを生み出すパーマネントにつけて余剰マナを生み出す材料もできますね!!

通電式キーブライトハースの指輪

 この手順に《通電式キー》《ブライトハースの指輪》を噛ませることによって《鎖のヴェール》の能力か《仮面使い、エストリッド》の忠誠度能力をコピーすれば、この2枚にも《仮面トークン》をエンチャントすることができ、そのまま自分のコントロールしているパーマネント全てに《仮面トークン》がついた状態=「+2」能力で全てのパーマネントをアンタップできる状態にまでもっていけます!! こうしてみると類似カードである《キオーラの追随者》君も活躍する場面がありそう!!良かったね!!

 文字に起こすとアイデンティティを失いかねないのですが、無限マナを得ることができれば《全知》が置かれているのとほぼ同等の状態に!! いや、《全知》を戦場に出すのは難しいから、労力は一緒だよ、ね? 一緒だよ? こっちのが楽しいよ??

発明品の唸り求道者テゼレット

 このスーパー全知全能コンボを完成させるために恐らくデッキに入るであろう《悟りの教示者》に加えて《発明品の唸り》《求道者テゼレット》も採用!! 《求道者テゼレット》《鎖のヴェール》を持ってこれるだけでなく「+2」能力で《鎖のヴェール》やマナアーティファクトをアンタップできるのでコンボのルートの一つに換算できる優れものです!!

 こうしてデッキ全体で《全知》を体現したカード群もある程度枚数が確保できたので、デッキを作る段階にきました。どういう100枚になったのか、そして勝ち手段は何になったのか? という点を気にしながら見ていただくと幸いです。

「+2」能力も「-1」能力も強かったら奥義も期待しちゃうよね!?

 まずはデッキリストから!

  • コマンダー塚本の統率者最前線!! vol.46
歩行バリスタ

 デッキリストから読み取っていただけましたか?そうです、勝ち手段は《歩行バリスタ》です!! 《全知》だと《歩行バリスタ》1枚では勝てないから、無限マナなりの勝ち手段ということで《歩行バリスタ》!!

海の中心、御心ガイアー岬の療養所

 そして勝ち手段その2は《海の中心、御心》《ガイアー岬の療養所》《仮面トークン》がエンチャントされれば全てのプレイヤーが無限ドローなので、ライブラリーの枚数の少ないプレイヤーから順に滅せます。墓地に落ちることでライブラリーを修復するカードが採用されている場合もあるので《海の中心、御心》の方が信頼度は高いです。そして自分のライブラリーの枚数に関係なく勝てるようにするために《気流の言葉》も採用してあります!!

ナイレアの弓

 そしてさらなる勝ち手段は《ナイレアの弓》。そうです、コンボに組み込めば無限パワー・タフネスのクリーチャーを生み出すこともできるのです!! 《歩行バリスタ》《海の中心、御心》といったキーカードをライブラリーに戻すこともできて非常に便利。

 これらの勝ち手段にアクセスすべく《仮面使い、エストリッド》の奥義を連打していくのがこのデッキの最終的なゴールです!!

偉大なるオーラ術真の木立ち孤独の都

 そしてコンボを阻害されないために、エンチャントを守る《偉大なるオーラ術》《真の木立ち》! そして、そもそも相手に行動させない《孤独の都》を駆使してコンボを成功させましょう!

再拘束補充

 もしコンボが失敗したり《全ては塵》のようなカードに滅茶苦茶されたときは《再拘束》《補充》でリカバリーしましょう!

風のゼンディコン活生の呪文爆弾現実からの遊離

 最後にサブプランを紹介!! 《風のゼンディコン》《活生の呪文爆弾》といった土地をクリーチャー化させるカードとクリーチャーをアンタップさせることができる《現実からの遊離》の2枚の組み合わせでお手軽無限マナになるのです!!

 クリーチャー化させる土地が(青)マナ+αを生み出せる状態でないと無限マナにはなりませんが、このデッキには元々《仮面使い、エストリッド》の「+2」能力のために採用されている《楽園の贈り物》をはじめとした土地につけるエンチャントがあるので、条件となる土地を作るのには苦労しません。このコンボの補助として採用されていてデッキの動きの妨げにならない《彩色の灯籠》《広がりゆく海》も活用しつつ無限マナを生み出して《歩行バリスタ》で勝ちましょう!!

 今回はここまでですが《仮面使い、エストリッド》同様に今回発売された『統率者2018』の中にはヤバいカードが盛りだくさんなので、次回以降にも新しい発見があれば随時伝えてきたいと思います。よろしくお願いします!!

 それではまた次回!!

この記事内で掲載されたカード

関連記事

このシリーズの過去記事