週刊デッキウォッチング vol.33 -ハンガーバックトロン etc.-

伊藤 敦

伊藤 敦


 マジックの華は、デッキリストだ。

 そのデッキに込められた意思を汲み取ろうとするとき、75枚の物言わぬ文字列はしかし、何よりも雄弁に製作者の心情を物語ってくれる。

 だから、デッキリストを見るということは。

 そのデッキを作った人物について、より深く知ろうとする行いに等しいのだ。



 この連載は【晴れる屋のデッキ検索】から毎週面白そうなデッキを見つけて、各フォーマットごとに紹介していく、というものだ。

 もし気に入ったデッキがあれば自分で作って試してみてもいいし、Magic Online用のtxtフォーマットでダウンロードすることも可能だ。

 それでは、それぞれのフォーマットで気になったデッキをご紹介しよう。






■ スタンダード: エルフ



Sugiyama Taiki「エルフ」
平日サービススタンダード14時の部(3-0)

7 《森》
3 《沼》
2 《島》
4 《汚染された三角州》
1 《マナの合流点》
2 《ラノワールの荒原》
2 《ヤヴィマヤの沿岸》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》

-土地(22)-

4 《エルフの神秘家》
3 《茨弓の射手》
4 《エルフの幻想家》
4 《ドゥイネンの精鋭》
4 《マナ喰らいのハイドラ》
4 《群れのシャーマン》
1 《苦悶の神、ファリカ》
1 《再利用の賢者》
1 《スズメバチの巣》
1 《光り葉の将帥、ドゥイネン》

-クリーチャー(27)-
3 《否認》
1 《軽蔑的な一撃》
3 《召喚の調べ》
4 《集合した中隊》

-呪文(11)-
3 《霊気のほころび》
3 《英雄の破滅》
3 《眼腐りの虐殺》
2 《究極の価格》
1 《苦悶の神、ファリカ》
1 《スズメバチの巣》
1 《否認》
1 《軽蔑的な一撃》

-サイドボード(15)-
hareruya



群れのシャーマンマナ喰らいのハイドラ否認



 私自身、マジックオンライン上でかなりスタンダードのエルフデッキを回したが、このアプローチには思い至らなかった。

 《エルフの神秘家》から《マナ喰らいのハイドラ》というぶん回りのラインを用意しつつ、エルフが苦手とする除去スペルに対しては何とメインから《否認》を積むことで耐性を付けている。

 これまでスタンダードのエルフには《エルフの大ドルイド》《背教の主導者、エズーリ》のような「除去できないと即死」というカードがなかったため、相手は除去スペルをこちらのどのクリーチャーに当ててもよく、駆け引きの余地がないのが問題だった。しかしこのデッキでは軽々に除去を使ってしまうと《マナ喰らいのハイドラ》に痛烈な反撃をもらうことになる。

 3色でタップイン土地なしというのはいささか強気すぎる構成かもしれないが、《マナ喰らいのハイドラ》をスムーズにプレイするためには仕方がない。《エルフの神秘家》がスタンダードにいるうちに、エルフを使い倒しておきたいところだ。


【「エルフ」でデッキを検索】





■ モダン: トロン



Jincho Takayoshi「トロン」
平日モダン14時の部(3-0)

1 《魂の洞窟》
1 《ボジューカの沼》
4 《ウルザの鉱山》
4 《ウルザの魔力炉》
4 《ウルザの塔》
3 《埋没した廃墟》
3 《光輝の泉》
1 《幽霊街》
1 《地盤の際》
1 《ファイレクシアの核》
1 《ウギンの目》

-土地(24)-

3 《搭載歩行機械》
1 《トリスケリオン》

-クリーチャー(4)-
4 《永遠溢れの杯》
4 《探検の地図》
3 《真髄の針》
4 《精神石》
4 《罠の橋》
1 《世界のるつぼ》
3 《交易所》
1 《鋸刃の矢》
1 《ちらつき蛾の甕》
1 《護法の宝珠》
2 《伝染病エンジン》
1 《精神隷属器》
1 《イシュ・サーの背骨》
2 《精霊龍、ウギン》

-呪文(32)-
4 《エルドラージの寺院》
3 《全ては塵》
3 《防御の光網》
2 《呪文滑り》
2 《幽霊街》
1 《墓掘りの檻》

-サイドボード(15)-
hareruya



搭載歩行機械罠の橋ちらつき蛾の甕



 モダンのトロンといえば土地19~20枚程度で、《彩色の星》《彩色の宝球》からひねり出した緑マナで《森の占術》を撃ち、3ターン目にトロンランドを揃えて《解放された者、カーン》をプレイする形が主流だが、このデッキはそういったコンセプトとは一線を画している。

 普通のトロンがコンボに近いデッキであるのに対し、このデッキは古典的なマナランプの構造をとっている。《永遠溢れの杯》《精神石》でマナブーストし、4マナOverの強力な置き物を次々と叩き付けるのだ。

 《罠の橋》がモダン随一のカードパワーを有していることは【ランタンコントロール】で既に証明済みだ。また《交易所》《突然の衰微》にも引っかからないため、メイン戦ではかなり触りづらいカードである。《ちらつき蛾の甕》は、一体どこから探し出してきたのか。対戦相手にテキストを確認されるカードNo.1に違いない。

 土地もアーティファクトもモダンではあまりプレイされていないカードが多く、相当なわからん殺しも期待できる。無色なのに色とりどりの宝石箱のようにギミックが詰まったこのデッキで、メタゲームに風穴を開けてみるのも面白いかもしれない。


【「トロン」でデッキを検索】





■ レガシー: ローグ・アグロ



Sano Daiki「ローグ・アグロ」
晴れる屋レガシー杯 – The Last Sun 2015予選 8th(1位)

4 《Tundra》
2 《Volcanic Island》
1 《Plateau》
4 《溢れかえる岸辺》
3 《乾燥台地》
1 《沸騰する小湖》

-土地(15)-

4 《僧院の速槍》
4 《僧院の導師》

-クリーチャー(8)-
4 《ギタクシア派の調査》
4 《渦まく知識》
4 《稲妻》
2 《思案》
4 《目くらまし》
3 《時を越えた探索》
4 《神話実現》
4 《ミシュラのガラクタ》
4 《ウルザのガラクタ》
4 《水蓮の花びら》

-呪文(37)-
2 《エーテル宣誓会の法学者》
2 《狼狽の嵐》
2 《紅蓮地獄》
2 《水没》
2 《真髄の針》
1 《外科的摘出》
1 《紅蓮破》
1 《摩耗+損耗》
1 《古えの遺恨》
1 《墓掘りの檻》

-サイドボード(15)-
hareruya



神話実現ウルザのガラクタミシュラのガラクタ



 レガシーの《神話実現》アグロは【vol.18】でも紹介したが、このデッキはさらにそれを進化させたものとなっている。

 一番の変更点はデッキ全体から《Force of Will》がついになくなったことだ。これによりデッキが引き締まっただけでなく、デッキそのものがレガシー初心者にとってもかなり組みやすくなっている点は見逃せない。

 最近私はどうにか《Force of Will》なしで勝てるデッキが組めないものか悩んだ結果【ベルチャー】【スパイ】をマジックオンラインで組んでぼこぼこにされ《Force of Will》の必要性を痛感したばかりだが、このデッキならば (デュアランをギルランで代用するなどして) 組んでみようと思える。

 また《ウルザのガラクタ》はモダンでは使えないため、レガシーならではの「果敢」誘発装置となっている。《ミシュラのガラクタ》がモダンで活躍しているように、これから《ウルザのガラクタ》の時代が来るかもしれない。


【「ローグ・アグロ」でデッキを検索】






 いかがだっただろうか。

 すべてのデッキリストには意思が込められている。

 75枚から製作者の意図を読み解くことができれば、自分でデッキを作るときにもきっと役に立つだろう。

 読者の皆さんも、是非色々と面白いデッキを探してみて欲しい。

 また来週!


【晴れる屋でデッキを検索する】



この記事内で掲載されたカード


Twitterでつぶやく

Facebookでシェアする

関連記事

このシリーズの過去記事