週刊デッキウォッチング vol.44 -きらめくけちな贈り物 etc.-

伊藤 敦

伊藤 敦


 マジックの華は、デッキリストだ。

 そのデッキに込められた意思を汲み取ろうとするとき、75枚の物言わぬ文字列はしかし、何よりも雄弁に製作者の心情を物語ってくれる。

 だから、デッキリストを見るということは。

 そのデッキを作った人物について、より深く知ろうとする行いに等しいのだ。



 この連載は【晴れる屋のデッキ検索】から毎週面白そうなデッキを見つけて、各フォーマットごとに紹介していく、というものだ。

 もし気に入ったデッキがあれば自分で作って試してみてもいいし、Magic Online用のtxtフォーマットでダウンロードすることも可能だ。

 それでは、それぞれのフォーマットで気になったデッキをご紹介しよう。






■ スタンダード: ローグ



Sasaki Yuusuke「ローグ」
PWC – 第462回in川崎/GPT名古屋兼TLS予選 (トップ8)

2 《森》
2 《沼》
1 《山》
1 《平地》
2 《梢の眺望》
2 《燻る湿地》
1 《燃えがらの林間地》
4 《血染めのぬかるみ》
4 《吹きさらしの荒野》
4 《樹木茂る山麓》
2 《ラノワールの荒原》

-土地(25)-

4 《膨れ鞘》
4 《スゥルタイの使者》
4 《ズーラポートの殺し屋》
4 《地下墓地の選別者》
4 《ナントゥーコの鞘虫》
4 《軍族の解体者》

-クリーチャー(24)-
3 《反逆の行動》
3 《アブザンの魔除け》
4 《集合した中隊》
1 《残忍な切断》

-呪文(11)-
4 《火口の精霊》
3 《強迫》
2 《先頭に立つもの、アナフェンザ》
2 《ティムールの激闘》
2 《光輝の炎》
1 《究極の価格》
1 《残忍な切断》

-サイドボード(15)-
hareruya



軍族の解体者反逆の行動火口の精霊



 「クリーチャーのコントロールを奪う」+「生け贄に捧げる」を組み合わせた俗称「ハスクコンボ」をフィーチャーしたデッキは【vol.30】【vol.34】でも紹介したが、実は『マジック・オリジン』が発売する以前から、スタンダードには《ナントゥーコの鞘虫》のポジションとなるクリーチャーが存在していた。それがこの《軍族の解体者》だ。

 《軍族の解体者》は能動的にクリーチャーを生け贄に捧げないとトリプルシンボルの4マナ5/4飛行というリミテッドスペックの域を出ないクリーチャーだが、《反逆の行動》で奪ったクリーチャーなら生け贄に捧げても何ら懐は痛まない。また《膨れ鞘》《スゥルタイの使者》《地下墓地の選別者》と1枚で2体分のクリーチャーを供給するカードが大量に搭載されているため、餌に困ることはないだろう。

 サイドボードの《火口の精霊》は一見不可解だが、『サイド後も《集合した中隊》の威力を減衰しない』『《カマキリの乗り手》を排除できる』『《先頭に立つもの、アナフェンザ》を排除できる』という条件で検討した結果だろう。

 複数の厳しい条件を満たすカードを検討すると、常識から外れたカードが導き出されることがある。しかしその検討結果を疑ってかからずに何でも試してみることこそが、デッキビルダーに必要な素養なのだ。


【「ローグ」でデッキを検索】





■ モダン: けちコントロール



Tomita Hayato「けちコントロール」
休日モダン20時の部 (3-0)

1 《森》
1 《島》
1 《平地》
1 《沼》
1 《血の墓所》
1 《繁殖池》
1 《神無き祭殿》
1 《神聖なる泉》
1 《寺院の庭》
1 《湿った墓》
4 《溢れかえる岸辺》
4 《湿地の干潟》
3 《新緑の地下墓地》
1 《汚染された三角州》
1 《忍び寄るタール坑》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》
1 《地盤の際》

-土地(25)-

4 《ヴリンの神童、ジェイス》
2 《瞬唱の魔道士》
1 《大修道士、エリシュ・ノーン》
1 《エメリアの盾、イオナ》

-クリーチャー(8)-
4 《流刑への道》
3 《思考囲い》
3 《コジレックの審問》
1 《カラスの罪》
2 《きらめく願い》
1 《壌土からの生命》
1 《突然の衰微》
4 《未練ある魂》
4 《けちな贈り物》
1 《堀葬の儀式》
3 《ヴェールのリリアナ》

-呪文(27)-
3 《機を見た援軍》
2 《対抗突風》
1 《摩耗+損耗》
1 《ゴルガリの魔除け》
1 《ラクドスの魔除け》
1 《突然の衰微》
1 《盲信的迫害》
1 《疑念の影》
1 《罪+罰》
1 《大渦の脈動》
1 《至高の評決》
1 《真面目な訪問者、ソリン》

-サイドボード(15)-
hareruya



ヴリンの神童、ジェイスけちな贈り物きらめく願い



 モダンにおける《けちな贈り物》は根強い人気がある。『《堀葬の儀式》《エメリアの盾、イオナ》 or 《大修道士、エリシュ・ノーン》』という実質1枚コンボは環境の速度に比して遅くはあるものの強力であることに変わりはないし、様々なユーティリティスペルをサーチできるという特性もデッキの種類が豊富なモダンには合っている。

 このデッキはそんな《けちな贈り物》をフィーチャーしたコントロールだが、さらに《きらめく願い》を採用することにより、様々なデッキに対してクリティカルな多色のカードをメインからプレイすることが可能になっている。5色のコントロールということもあり、選択肢は無数に存在する。他にも《殺戮遊戯》《引き裂く突風》を検討してみてもいいかもしれない。

 またサイドボードから持ってきたカードはインスタント/ソーサリーならば《ヴリンの神童、ジェイス》《瞬唱の魔道士》で再利用することができる。《ヴリンの神童、ジェイス》は25枚とコントロールにしては少なめな土地の枚数をサポートするほか、《未練ある魂》とも相性が良く、このデッキにとってなくてはならないカードとなっている。

 モダンにおいてコントロールが成立しづらいのは、ビート/コンボ/バーンなど攻め手が多彩すぎてすべてに対応することが不可能に近いからだが、手札の対応スペルを《ヴリンの神童、ジェイス》で適宜入れ替えつつ、クリティカルなものだけ再利用するというこのデッキのスタイルは、モダン環境の歴史を変えるかもしれない。


【「けちコントロール」でデッキを検索】





■ レガシー: 青赤コントロール



Hata Kazuhei「青赤コントロール」
晴れる屋レガシー杯 (4-1)

4 《島》
4 《Volcanic Island》
1 《蒸気孔》
2 《溢れかえる岸辺》
2 《霧深い雨林》
2 《汚染された三角州》
2 《沸騰する小湖》
3 《ミシュラの工廠》
3 《不毛の大地》

-土地(23)-

4 《瞬唱の魔道士》
3 《真の名の宿敵》
1 《ヴェンディリオン三人衆》

-クリーチャー(8)-
4 《渦まく知識》
4 《稲妻》
3 《もみ消し》
3 《呪文嵌め》
2 《紅蓮破》
2 《狼狽の嵐》
3 《突然のショック》
1 《対抗変転》
1 《焦熱の合流点》
4 《Force of Will》
1 《師範の占い独楽》
1 《精神を刻む者、ジェイス》

-呪文(29)-
2 《発展の代価》
2 《仕組まれた爆薬》
2 《大祖始の遺産》
1 《ファイレクシアの破棄者》
1 《硫黄の精霊》
1 《ヴェンディリオン三人衆》
1 《赤霊破》
1 《無効》
1 《粉々》
1 《残響する真実》
1 《対抗変転》
1 《真髄の針》

-サイドボード(15)-
hareruya



真の名の宿敵突然のショック焦熱の合流点



 『統率者2015』のカードについては、まだレガシーにおいて十分に研究されているとは言いがたい部分がある。そんな中でこの《焦熱の合流点》を採用したカウンターバーンは、【MTG Just Now! vol.21 – 龍王オジュタイ etc.-】でも紹介したこともあり、『統率者2015』のカードを最速で定着させたアーキタイプと言っていいだろう。

 《焦熱の合流点》は「全体除去」「本体火力」「アーティファクト破壊」の3つのモードを使い分けることが可能であり、通常のデッキに対しては強烈なフィニッシュブローとなるほか、エルフやMUDといったデッキへのナチュラルな対策にもなる。

 また《突然のショック》は感染や青赤のデルバー系デッキなどの細いクロックに対して強いのはもちろん、本体火力として使用しても防ぎえない「刹那」が《真の名の宿敵》と合わせてプランニングとダメージ計算を極めて容易にする。ただし「刹那」といえど誘発型能力の誘発は防げないため、《相殺》には要注意だ。

 メインからの《紅蓮破》《対抗変転》は一見やりすぎに見えるが、「青い環境」と呼ばれるレガシーにおいては、むしろこのくらいがちょうどいいのかもしれない。


【「青赤コントロール」でデッキを検索】






 いかがだっただろうか。

 すべてのデッキリストには意思が込められている。

 75枚から製作者の意図を読み解くことができれば、自分でデッキを作るときにもきっと役に立つだろう。

 読者の皆さんも、ぜひ色々と面白いデッキを探してみて欲しい。

 また来週!


【晴れる屋でデッキを検索する】



この記事内で掲載されたカード


Twitterでつぶやく

Facebookでシェアする

関連記事

このシリーズの過去記事