週刊デッキウォッチング vol.54 -黒ドラージ etc.-

伊藤 敦

伊藤 敦


(スマートフォンの方は【こちら】)


 マジックの華は、デッキリストだ。

 そのデッキに込められた意思を汲み取ろうとするとき、75枚の物言わぬ文字列はしかし、何よりも雄弁に製作者の心情を物語ってくれる。

 だから、デッキリストを見るということは。

 そのデッキを作った人物について、より深く知ろうとする行いに等しいのだ。



 この連載は【晴れる屋のデッキ検索】から毎週面白そうなデッキを見つけて、各フォーマットごとに紹介していく、というものだ。

 もし気に入ったデッキがあれば自分で作って試してみてもいいし、Magic Online用のtxtフォーマットでダウンロードすることも可能だ。

 それでは、それぞれのフォーマットで気になったデッキをご紹介しよう。






■ スタンダード: エルドラージストンピィ



Takeishi Takuya「エルドラージストンピィ」
休日スタンダード20時の部(3-0)

4 《沼》
1 《燃えがらの林間地》
4 《血染めのぬかるみ》
4 《ラノワールの荒原》
4 《コイロスの洞窟》
2 《風切る泥沼》
2 《オラン=リーフの廃墟》
1 《鏡の池》
1 《荒廃した湿原》
1 《精霊龍の墓》
1 《領事の鋳造所》
1 《海門の残骸》

-土地(26)-

4 《搭載歩行機械》
4 《棲み家の防御者》
3 《静寂を担うもの》
4 《作り変えるもの》
4 《難題の予見者》
4 《現実を砕くもの》

-クリーチャー(23)-
2 《究極の価格》
1 《闇の掌握》
3 《破滅の道》
1 《残忍な切断》
4 《幽霊火の刃》

-呪文(11)-
3 《強迫》
3 《鞭打つ触手》
2 《ゲトの裏切り者、カリタス》
2 《自傷疵》
2 《精神背信》
1 《歪める嘆き》
1 《次元の歪曲》
1 《究極の価格》

-サイドボード(15)-
hareruya



棲み家の防御者静寂を担うもの現実を砕くもの



 今回は【プロツアーがモダンだった】ため、『ゲートウォッチの誓い』入りの新環境スタンダードについて、プロプレイヤーたちの解答が示されることはなかった。だが、ということはつまり、スタンダードには開拓の余地がいつもより多く残されているということでもあるのだ。

 とりわけモダンで大活躍したエルドラージクリーチャーたちをスタンダードでどのように使うかについては、デッキビルダーの腕の見せどころだろう。その点このデッキはアブザンアグロの白を無色に差し替えたような、「緑黒+無色の3色ビートダウン」という形をとっている。

 《静寂を担うもの》は2マナ域でありながら《龍王オジュタイ》に対する切り札ともなる。《海門の残骸》は長期戦でこの上なく頼もしいカードとなるし、《幽霊火の刃》《棲み家の防御者》とのシナジーも見逃せない。それに7枚の除去呪文と併せて《棲み家の防御者》まで入っていれば、《荒廃した湿原》も最後のひと押しとして機能することだろう。

 《作り変えるもの》が土地をめくったとしても《破滅の道》の「覚醒」コストに充てられるし、サイドボードも《鞭打つ触手》《ゲトの裏切り者、カリタス》をはじめ黒の優良サイドカードを多数搭載できている。スタンダードには《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》がないとはいえ、やはりエルドラージデッキの2色目は黒が最良、ということになるのかもしれない。


【「エルドラージストンピィ」でデッキを検索】





■ モダン: ローグアグロ



Hirato Ougi「ローグアグロ」
晴れる屋モダン杯(5-1)

1 《島》
1 《山》
1 《平地》
3 《聖なる鋳造所》
3 《蒸気孔》
1 《神聖なる泉》
4 《乾燥台地》
4 《溢れかえる岸辺》
4 《沸騰する小湖》

-土地(22)-

4 《ゴブリンの先達》
4 《僧院の速槍》
4 《瞬唱の魔道士》
4 《カマキリの乗り手》
3 《稲妻の天使》

-クリーチャー(19)-
4 《変異原性の成長》
4 《稲妻》
4 《蒸気の絡みつき》
4 《稲妻のらせん》
3 《ボロスの魔除け》

-呪文(19)-
4 《海の要求》
2 《外科的摘出》
2 《呪文貫き》
2 《払拭》
2 《屈折の罠》
1 《摩耗+損耗》
1 《貴族階級の嘲笑》
1 《仕組まれた爆薬》

-サイドボード(15)-
hareruya



変異原性の成長カマキリの乗り手稲妻の天使



 【プロツアー『ゲートウォッチの誓い』】を経て、モダン環境はエルドラージ一色に染まった。しかしバーンというコンセプトは依然強力であり、これからはエルドラージに強い構成へと形を変えて、エルドラージに対抗していくと考えられる。

 このデッキは《変異原性の成長》《蒸気の絡みつき》「先手後手の逆転」を意識した構成のバーンであり、地上が堅いエルドラージに対しても《カマキリの乗り手》が空から安定したクロックを刻んでいく。また《稲妻の天使》はタフネスが4ということもあり、《四肢切断》《変異原性の成長》でかわせるのが魅力だ。

 サイドボードには《海の要求》を全力で搭載し、土地絡みでのマナ域のジャンプアップを許さない。安易に1マナ重い《広がりゆく海》を採用しないあたり、モダンで生き残るコツをよく心得ていそうである。

 エルドラージに合わせて、まずはバーンが姿を変えてきた。はたして2月28日(日)に開催される【第6期モダン神挑戦者決定戦】では、どのような新しいデッキが活躍するのだろうか。今から楽しみでならない。


【「ローグアグロ」でデッキを検索】





■ レガシー: ローグ・アグロ



Katakawa Souta「ローグ・アグロ」
平日レガシー17時の部(3-0)

4 《魂の洞窟》
3 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》
4 《古えの墳墓》
4 《エルドラージの寺院》
4 《不毛の大地》
3 《裏切り者の都》
3 《ウギンの目》

-土地(25)-

3 《果てしなきもの》
4 《エルドラージのミミック》
4 《難題の予見者》
4 《現実を砕くもの》
4 《終末を招くもの》

-クリーチャー(19)-
3 《歪める嘆き》
4 《モックス・ダイアモンド》
4 《虚空の杯》
2 《梅澤の十手》
3 《三なる宝球》

-呪文(16)-
3 《ファイレクシアの破棄者》
3 《フェアリーの忌み者》
2 《漸増爆弾》
1 《ワームとぐろエンジン》
1 《全ては塵》
1 《トーモッドの墓所》
1 《稲妻のすね当て》
1 《三なる宝球》
1 《護法の宝珠》
1 《殴打頭蓋》

-サイドボード(15)-
hareruya



難題の予見者終末を招くもの虚空の杯



 【ポストにエルドラージ】【MUDにエルドラージ】と2週連続で変化球気味のハイブリッドデッキを見てきたが、ここでようやくお待ちかね、レガシー環境での直球ど真ん中なエルドラージ・デッキをお届けしよう。

 《古えの墳墓》《裏切り者の都》《エルドラージの寺院》《ウギンの目》と2マナランドをこれでもかと搭載し、《虚空の杯》《三なる宝球》によるロックから《難題の予見者》《現実を砕くもの》へとつなげていく、レガシー環境ならではの理想のエルドラージがここにある。《モックス・ダイアモンド》は場に残るため、いわば「スーパー《猿人の指導霊》」だ。

 オールインレッドのような構成だが、《終末を招くもの》さえ着地してしまえば手札は物凄い速度で補充されていく。置き物以外で相手に干渉できないように見えて、レガシーでは《歪める嘆き》《四肢切断》以上に万能な妨害カードとなる。さらに《梅澤の十手》は無色でも何ら問題なく運用できるというのが実に詐欺臭い。

 これまでこの手のデッキは、不安定だったり《Force of Will》に弱かったりしたからこそトップメタになりえなかった。しかし14枚もの2マナランドに加えて《魂の洞窟》までも擁するエルドラージは、もはやそうした前例を容易く覆しうるところまで来ているのかもしれない。


【「ローグ・アグロ」でデッキを検索】






 いかがだっただろうか。

 すべてのデッキリストには意思が込められている。

 75枚から製作者の意図を読み解くことができれば、自分でデッキを作るときにもきっと役に立つだろう。

 読者の皆さんも、ぜひ色々と面白いデッキを探してみて欲しい。

 また来週!


【晴れる屋でデッキを検索する】



この記事内で掲載されたカード


Twitterでつぶやく

Facebookでシェアする

関連記事

このシリーズの過去記事