週刊デッキウォッチング vol.58 -発掘 etc.-

伊藤 敦

伊藤 敦


(スマートフォンの方は【こちら】)


 マジックの華は、デッキリストだ。

 そのデッキに込められた意思を汲み取ろうとするとき、75枚の物言わぬ文字列はしかし、何よりも雄弁に製作者の心情を物語ってくれる。

 だから、デッキリストを見るということは。

 そのデッキを作った人物について、より深く知ろうとする行いに等しいのだ。



 この連載は【晴れる屋のデッキ検索】から毎週面白そうなデッキを見つけて、各フォーマットごとに紹介していく、というものだ。

 もし気に入ったデッキがあれば自分で作って試してみてもいいし、Magic Online用のtxtフォーマットでダウンロードすることも可能だ。

 それでは、それぞれのフォーマットで気になったデッキをご紹介しよう。






■ スタンダード: 多色ビートダウン



Wang Kaiyin「多色ビートダウン」
平日スタンダード17時の部(3-0)

2 《森》
1 《島》
1 《山》
1 《沼》
2 《燃えがらの林間地》
2 《燻る湿地》
1 《窪み渓谷》
4 《血染めのぬかるみ》
4 《樹木茂る山麓》
3 《汚染された三角州》
4 《華やかな宮殿》

-土地(25)-

4 《爪鳴らしの神秘家》
4 《ヴリンの神童、ジェイス》
4 《棲み家の防御者》
4 《死霧の猛禽》
2 《ゲトの裏切り者、カリタス》

-クリーチャー(18)-
2 《焦熱の衝動》
4 《コラガンの命令》
3 《残忍な切断》
2 《深海の主、キオーラ》
3 《揺るぎないサルカン》
3 《炎呼び、チャンドラ》

-呪文(17)-
2 《龍王シルムガル》
2 《引き裂く流弾》
2 《否認》
2 《軽蔑的な一撃》
2 《ムラーサの胎動》
2 《光輝の炎》
2 《無限の抹消》
1 《命運の核心》

-サイドボード(15)-
hareruya



コラガンの命令揺るぎないサルカン炎呼び、チャンドラ



 「グッドスタッフ」とはカード同士のシナジーの有無ではなくカード単体のカードパワーを選定の基準としているデッキに対しての呼称だが、それぞれのマナ域の最強カードを集めたデッキができたならば、それはもはや「グッドスタッフ」ではなく「ベストスタッフ」とでも呼ぶべきだろう。

 このデッキは環境最強のキープ基準である《爪鳴らしの神秘家》《ヴリンの神童、ジェイス》から環境最強のシナジーの一角である《死霧の猛禽》《棲み家の防御者》パッケージへとつなげ、さらに環境最強除去との呼び声も高い《残忍な切断》でいなしたあとは、(出れば) 環境最強のプレインズウォーカーともなりうる《揺るぎないサルカン》《炎呼び、チャンドラ》へとつなげる、まさしく最強尽くしのコンセプトとなっている。

 《コラガンの命令》《ヴリンの神童、ジェイス》《死霧の猛禽》《棲み家の防御者》と相まってリソースを延々と稼ぎ出す。これだけでも対戦相手にとってはアドバンテージ地獄だが、あとに控える《深海の主、キオーラ》《揺るぎないサルカン》《炎呼び、チャンドラ》はどれもアドバンテージをとれる能力を持っているため、放置すればさらなる枚数差を稼がれてしまう。

 さらに『タルキール龍紀伝』のカードを主体としているということもあり、《爪鳴らしの神秘家》《残忍な切断》と土地以外のメインボードのカードは、『イニストラードを覆う影』発売後もそのまま使い続けることができる。カードパワーとカードパワーの共演を、心ゆくまで楽しんでみて欲しい。


【「多色ビートダウン」でデッキを検索】





■ モダン: 発掘



Jason Chung「発掘」
グランプリ・メルボルン2016(トップ8)

1 《森》
1 《山》
1 《沼》
2 《血の墓所》
1 《草むした墓》
1 《踏み鳴らされる地》
1 《寺院の庭》
4 《新緑の地下墓地》
4 《樹木茂る山麓》
2 《血染めのぬかるみ》
4 《幽霊街》
1 《大天使の霊堂》

-土地(23)-

4 《恐血鬼》
4 《ゴブリンの太守スクイー》
1 《ゴルガリの茶鱗》
1 《屍の原形質》
1 《臭い草のインプ》
3 《復讐に燃えたファラオ》
1 《ゴルガリの墓トロール》

-クリーチャー(15)-
4 《信仰無き物あさり》
4 《暗黒破》
3 《燃焼》
1 《命取りの魅惑》
4 《壌土からの生命》
2 《未練ある魂》
4 《ゾンビの横行》

-呪文(22)-
4 《思考囲い》
4 《古えの遺恨》
3 《天啓の光》
2 《カラスの罪》
2 《記憶の旅》

-サイドボード(15)-
hareruya



ゾンビの横行ゴブリンの太守スクイー壌土からの生命



 「発掘」と聞くとかつてのエクステンデッドの「フリゴリッド」を想起するが、《戦慄の復活》が禁止されているモダンでは「発掘」だけによる瞬殺コンボはさすがに望めない。しかしせっかく《ゴルガリの墓トロール》が解禁されているのだから、瞬殺はできないにせよ、「発掘」という強力無比なキーワード能力を生かしたデッキを使ってみたいと思うのは当然だろう。

 殿堂プレイヤー・Raphael Levyが製作し、プラチナレベル・プロプレイヤーのJason Chungが先日の【グランプリ・メルボルン2016】で使用してトップ8に入賞というこれ以上ないほどに華々しい経歴を持つこのデッキは、《信仰無き物あさり》《ゾンビの横行》で捨てた「発掘」カードで毎ターンドローを置換し、《復讐に燃えたファラオ》《ゴブリンの太守スクイー》など、墓地に落ちていてはじめて光り輝くカードを生かして戦うコントロールとなっている。

 このデッキが素晴らしいのは、「毎ターンの『発掘』が最適な行動となるようにデッキが組まれている」点にある。手札よりも墓地にある方がありがたいカードを集めた結果、このデッキにおいては通常ドローよりも「発掘」する方が、増える選択肢の期待値が大きいのだ。《ゴブリンの太守スクイー》が2~3枚落ちれば、《壌土からの生命》と合わせて《燃焼》フラッシュバックを毎ターン5~6点で連打することすらも不可能ではない。

 自身2度のモダンプロツアーへの持ち込みを経たものの爆発的な活躍をするまでには至らず、最終的に他のプレイヤーの手によるGPトップ8というストーリーは、似たような境遇の【Super Crazy Zoo】の製作者としても何となく親近感がわく (SCZはGPトップ8にすら入っていないので完全に負けているのだが)。このデッキの製作過程が気になるという方は、以下のRaphael Levyの記事も読んでみるといいだろう。





【「発掘」でデッキを検索】





■ レガシー: エクスプローラーロック



Ricardio「エクスプローラーロック」
Legacy Constructed League(5-0)

3 《森》
2 《平地》
2 《沼》
2 《Bayou》
2 《Savannah》
1 《Scrubland》
1 《Taiga》
4 《吹きさらしの荒野》
2 《新緑の地下墓地》
1 《Karakas》
1 《ファイレクシアの塔》

-土地(21)-

4 《老練の探険者》
2 《死儀礼のシャーマン》
1 《漁る軟泥》
1 《クルフィックスの狩猟者》
1 《永遠の証人》
4 《包囲サイ》
1 《ネル・トース族のメーレン》
1 《鷺群れのシガルダ》

-クリーチャー(15)-
4 《陰謀団式療法》
4 《緑の太陽の頂点》
3 《流刑への道》
4 《突然の衰微》
3 《苦い真理》
1 《名誉回復》
3 《破滅的な行為》
2 《師範の占い独楽》

-呪文(24)-
3 《思考囲い》
3 《殺戮遊戯》
2 《エーテル宣誓会の法学者》
2 《外科的摘出》
1 《スレイベンの守護者、サリア》
1 《ガドック・ティーグ》
1 《裏切り者の都》
1 《毒の濁流》
1 《情け知らずのガラク》

-サイドボード(15)-
hareruya



老練の探険者ネル・トース族のメーレン包囲サイ



 【vol.21】以来の登場となる《老練の探険者》《陰謀団式療法》シナジーを利用したミッドレンジ、通称「Nic Fit」。様々なバリエーションがあるこのアーキタイプだが、今回紹介するデッキはその中でもスタンダードのデッキに比較的近い形となっている。

 まずデッキリストを見ると目に飛び込んでくる「4 《包囲サイ》」の文字。モダンの【アブザンジャンク】で活躍していることからもそのカードパワーは折り紙付きだが、レガシーで4枚積めるほどとは驚きである。だが確かにこれならば数体農場送りにされても困ることはない。

 この大量の《包囲サイ》を、さらに4枚積まれた《緑の太陽の頂点》で持ってくる動きは、スタンダードの【白日の下に】デッキを彷彿とさせる。《破滅的な行為》があるために《ドライアドの東屋》は積んでいない《緑の太陽の頂点》だが、《老練の探険者》サーチという目的のほかにも、強力な墓地回収能力を持つ《ネル・トース族のメーレン》《鷺群れのシガルダ》など、単体でも《終末》を打たせられるような化け物クリーチャーを幾度もサーチしてこれる。

 さらに「黒い《宝船の巡航》」こと《苦い真理》も3枚と多めに搭載し、《包囲サイ》《緑の太陽の頂点》へのアクセスを容易にしている。レガシーのセオリーなどどこ吹く風、最終的に《包囲サイ》を4回以上場に出して勝ちそうなこのデッキで、レガシーの新たな可能性を開拓してみるのも面白そうだ。


【「エクスプローラーロック」でデッキを検索】






 いかがだっただろうか。

 すべてのデッキリストには意思が込められている。

 75枚から製作者の意図を読み解くことができれば、自分でデッキを作るときにもきっと役に立つだろう。

 読者の皆さんも、ぜひ色々と面白いデッキを探してみて欲しい。

 また来週!


【晴れる屋でデッキを検索する】



この記事内で掲載されたカード


Twitterでつぶやく

Facebookでシェアする

関連記事

このシリーズの過去記事