週刊デッキウォッチング vol.62 -吸血鬼ビートダウン etc.-

伊藤 敦

伊藤 敦





 マジックの華は、デッキリストだ。

 そのデッキに込められた意思を汲み取ろうとするとき、75枚の物言わぬ文字列はしかし、何よりも雄弁に製作者の心情を物語ってくれる。

 だから、デッキリストを見るということは。

 そのデッキを作った人物について、より深く知ろうとする行いに等しいのだ。



 この連載は【晴れる屋のデッキ検索】から毎週面白そうなデッキを見つけて、各フォーマットごとに紹介していく、というものだ。

 もし気に入ったデッキがあれば自分で作って試してみてもいいし、Magic Online用のtxtフォーマットでダウンロードすることも可能だ。

 それでは、それぞれのフォーマットで気になったデッキをご紹介しよう。






■ スタンダード: エルドラージランプ



Kawai Yuuichi「エルドラージランプ」
平日スタンダード14時の部(3-0)

7 《森》
3 《島》
2 《荒地》
4 《進化する未開地》
3 《伐採地の滝》
4 《ヤヴィマヤの沿岸》
4 《ウギンの聖域》

-土地 (27)-

4 《森の代言者》
4 《空中生成エルドラージ》
2 《希望を溺れさせるもの》
2 《世界を壊すもの》
1 《虚空の選別者》
2 《絶え間ない飢餓、ウラモグ》

-クリーチャー (15)-
4 《残された廃墟》
4 《次元の歪曲》
4 《ニッサの巡礼》
2 《逆境》
2 《大オーロラ》
2 《深海の主、キオーラ》

-呪文 (18)-
2 《希望を溺れさせるもの》
2 《世界を壊すもの》
2 《意思の激突》
2 《タイタンの存在》
2 《虚空の粉砕》
2 《彼方より》
2 《深海の主、キオーラ》
1 《歪める嘆き》

-サイドボード (15)-
hareruya



森の代言者逆境大オーロラ



 もう2日後には『イニストラードを覆う影』が発売し、スタンダード環境は全く新しい価値観で埋め尽くされる。ということで今回は新環境でもそのまま使えるデッキを紹介しよう。

 青緑ランプといえば【第6期スタンダード神挑戦者決定戦】【デッキテク】でも紹介し、トップ8まで勝ち上がっていたアーキタイプだ。《残された廃墟》《ニッサの巡礼》でマナブーストする動きは《森の代言者》と相性が良いし、《空中生成エルドラージ》《希望を溺れさせるもの》が生み出したエルドラージ・末裔トークンは後々《絶え間ない飢餓、ウラモグ》をプレイする際の種になる。

 ランプというアーキタイプが往々にして苦手とする速いビートダウン相手には、《次元の歪曲》に加えて【Temur New Generation】でも採用されていた《逆境》が光る。

 攻防一体でランプというデッキがミッドレンジキラーたる所以だった《精霊龍、ウギン》を失ったのは確かに痛手だが、そこは『マジック・オリジン』の眠れる秘密兵器こと《大オーロラ》がカバーする。『イニストラードを覆う影』のカードの最高マナコストは8、それも《救出の天使/Angel of Deliverance》でそこまで強力な効果は持たないだけに、真っ当に「9マナ」分のド派手な効果を持ったスペルは限られる。これからのランプデッキは、《大オーロラ》が標準装備となるのかもしれない。


【「エルドラージランプ」でデッキを検索】





■ モダン: 黒赤ビートダウン



Touin Subaru「黒赤ビートダウン」
平日モダン14時の部(3-0)

8 《沼》
1 《山》
1 《血の墓所》
4 《血染めのぬかるみ》
2 《汚染された三角州》
1 《新緑の地下墓地》
2 《竜髑髏の山頂》
1 《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》

-土地 (20)-

4 《流城の貴族》
4 《血の芸術家》
4 《恐血鬼》
4 《マラキールの門番》
4 《蟲惑的な吸血鬼》
4 《流城の隊長》

-クリーチャー (24)-
4 《稲妻》
4 《終止》
2 《コラガンの命令》
2 《ファイレクシアの闘技場》
4 《霊気の薬瓶》

-呪文 (16)-
3 《強迫》
3 《紅蓮地獄》
3 《ラクドスの魔除け》
2 《オリヴィア・ヴォルダーレン》
2 《コラガンの命令》
1 《思考囲い》
1 《殺戮遊戯》

-サイドボード (15)-
hareruya



恐血鬼蟲惑的な吸血鬼流城の隊長



 『イニストラードを覆う影』にはエルフ・ゴブリンなどモダンのメジャーな種族が登場しない代わり、吸血鬼やゾンビといったクリーチャーが多数存在している。すなわち、これらの種族デッキがモダンで一線級のデッキにのし上がる可能性もあるということだ。そういうわけで、時代に乗り遅れないためにも、『イニストラードを覆う影』が入る直前の赤黒吸血鬼ビートダウンを紹介しておこう。

 アーキタイプを成立させているのは2種類の種族ロード、《蟲惑的な吸血鬼》《流城の隊長》。これらによって強化された《流城の貴族》《恐血鬼》といったクリーチャーが《霊気の薬瓶》のバックアップを得て横に並び、対戦相手のライフを削っていく。赤黒というカラーリングは《稲妻》《終止》というモダンでも優秀な部類の除去が採用できるため、ビートダウンにうってつけだ。

 一見過度に攻撃的なように見えて、《マラキールの門番》《コラガンの命令》《ファイレクシアの闘技場》といった要素が長期戦もサポートする。サイドボードには《オリヴィア・ヴォルダーレン》も鎮座しているので、多少の捌きくらいでは動じない。

 既にして強力そうなデッキだが、今週末にはここからさらに『イニストラードを覆う影』のカードが加わる。はたしてこのデッキがどのような進化を遂げるのか、今から楽しみだ。


【「黒赤ビートダウン」でデッキを検索】





■ レガシー: 青白黒コントロール



Yanagisawa Yuuta「青白黒コントロール」
Known Magicians Clan – 57th(2位)

3 《島》
2 《平地》
1 《沼》
2 《Tundra》
2 《Underground Sea》
1 《Scrubland》
1 《Tropical Island》
4 《溢れかえる岸辺》
4 《汚染された三角州》
1 《湿地の干潟》
1 《Karakas》
1 《アカデミーの廃墟》

-土地 (23)-

3 《悪意の大梟》
3 《瞬唱の魔道士》
1 《造物の学者、ヴェンセール》

-クリーチャー (7)-
4 《渦まく知識》
3 《剣を鍬に》
2 《思案》
2 《呪文嵌め》
2 《呪文貫き》
2 《対抗呪文》
1 《議会の採決》
2 《至高の評決》
4 《Force of Will》
2 《仕組まれた爆薬》
2 《精神を刻む者、ジェイス》
1 《遍歴の騎士、エルズペス》
1 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》
1 《卓絶のナーセット》
1 《イニストラードの君主、ソリン》

-呪文 (30)-
2 《封じ込める僧侶》
1 《ヴェンディリオン三人衆》
1 《概念泥棒》
1 《外科的摘出》
1 《剣を鍬に》
1 《青霊破》
1 《突然の衰微》
1 《解呪》
1 《移し変え》
1 《花の絨毯》
1 《安らかなる眠り》
1 《拘留の宝球》
1 《仕組まれた疫病》
1 《真髄の針》

-サイドボード (15)-
hareruya



悪意の大梟至高の評決卓絶のナーセット



 半年以上前、まだ《時を越えた探索》がレガシーで使用可能だったころに【vol.29】で紹介したエスパーコントロールが帰ってきた。

 かつては《実物提示教育》/《秘密を掘り下げる者》/「奇跡」の全てに勝とうとする意欲作として紹介したが、今のレガシーにはもう一つ、「エルドラージ」という新鋭が幅を利かせている。だが「エルドラージ」も所詮クリーチャーデッキと見るならば、《至高の評決》を擁するコントロールからすればお客様だ。むしろ「エルドラージ」のおかげで各種コンボが数を減らしているのはこのデッキにとって追い風だろう。

 さらに「エルドラージ」への対策として、【ヤソVS!! vol.3 -vs. 斉藤 伸夫(レガシー)-】で「エルドラージ」を使っていた八十岡を苦しめた《悪意の大梟》も採用し、防御面に隙はない。かといって時間をかければ4マナ域に到達し、そこからあとはレガシーにあるまじき豪華5種類ものプレインズウォーカーの揃い踏みだ。

 「使いたいカードを使いたいようにデッキに入れた上で勝つ」というのは実はとても難しい。それがレガシーのような、コンセプトが研ぎ澄まされたデッキばかりの環境ならば尚更だ。だがこのデッキの製作者はそんなフォーマットにあっても「奇跡」に頼らず己の力で道を切り拓いた。その偉業は称えられてしかるべきだろう。


【「青白黒コントロール」でデッキを検索】






 いかがだっただろうか。

 すべてのデッキリストには意思が込められている。

 75枚から製作者の意図を読み解くことができれば、自分でデッキを作るときにもきっと役に立つだろう。

 読者の皆さんも、ぜひ色々と面白いデッキを探してみて欲しい。

 また来週!


【晴れる屋でデッキを検索する】



この記事内で掲載されたカード


Twitterでつぶやく

Facebookでシェアする

関連記事

このシリーズの過去記事